フランス語キーボード使い方まとめ AZERTYとQWERTZの違い

フランス語キーボード AZERTY タイプフランス
フランス

フランス語のキーボード配列はおもに3種類。

  1. 1つはフランスやベルギーで利用されてきた「AZERTY」配列。
  2. 2つめは欧米(ドイツやスイス)などで主流の「QWERTZ」配列。
  3. 3つめはカナダフランス語圏の「QWERTY」(一般的な英語などのキーボード配列)。


ここでは、AZERTY配列とQWERTZ配列の違いや日本のPCなどで使われるQWERTZ配列のキーボードでのフランス語の文字入力のコツなどをまとめる。

スポンサーリンク

AZERTY配列 とは?

ここでは、AZERTYの要点のまとめとフランス語学習を兼ねたフランス語説明を記載。

AZERTY配列とは

「AZERTY」とはおもにフランス本国などで使用されていたキーボード配列。左上から順にAZERTYと並んでいるところから名づけられたもの。フランスでは単にAZERTY(以下、AZERTYと略)。なお2016年頃からフランス教育省などで見なおしがおこなわれているとのこと。

AZERTY配列(アザーティはいれつ、アゼルティはいれつ、英語:AZERTY layout)とはキーボードのキー配列の1つである。

主にフランスで使用される。左上から順にAZERTYと並んでいるところから名付けられた。

AZERTY配列 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本語版ウィキペディアなどでも詳しい説明あり。ほぼほぼ基本情報はその辺や検索で事足りると思われるので省略。

以下では一応フランス語学習サイトの端くれとしてフランス語版のウィキペディアからの引用も掲載しておく。(細かい話だが、日本語版ウィキペディアの「AZERTY配列」の記事を閲覧したときにはなぜかフランス語版の記事への内部リンクがなかったので載せておく次第。)

clavier français azerty: AZERTY est

 AZERTY est un arrangement spécifique des caractères de l’alphabet latin et de divers caractères typographiques sur les touches des machines à écrire et claviers d’ordinateur.

https://fr.wikipedia.org/wiki/AZERTY

AZERTY(AZERTY配列、英語:AZERTY layout)とは、コンピューターのキーボードやタイプライターのタイプ入力で用いるラテンアルファベットのキー配列の1つである。(筆者仮訳)

※AZERTY配列(あざーてぃはいれつ、あぜるてぃはいれつ)など日本語の読みはいくつかあるがこれらは英語もしくはラテン語読み。個人的にはフランス語圏でしか使わないので、基本フランス語読み。しいて日本語で書けば(あざふてぃ)のようなフランス語R読みがよいかとも。いずれにせ書くときはAZERTYなのでかな表記のゆれは些末な話。

AZERTY QWERTZ QWERTY

Elle dérive, tout comme le QWERTZ germanique, de la disposition QWERTY anglaise et possède ses propres variantes nationales en France et en Belgique. Son nom provient des six premières lettres de la première rangée des touches alphabétiques.

https://fr.wikipedia.org/wiki/AZERTY

ドイツ語のQWERTZと同様に、英語のQWERTYレイアウトから派生し、フランスとベルギーに独自の国内版がある。その名前は、アルファベットキーの最初の行の最初の6文字に由来する。(筆者仮訳)

AZERTY キーボードが使用される国

1 フランス La France (depuis1875 République française (fr))
2 ベルギー(フラマン語圏含む) la Belgique
3 アルジェリア l’Algérie
4 モロッコ  le Maroc
: ベルベル語(タマジクト語)のティフィナグ文字の入力

AZERTY配列 vs QWERTZ配列 違い

ヨーロッパにおけるさまざまなキーボードレイアウトの地理的分布:QWERTY QWERTZ AZERTY 国内規定(特にトルコのFGĞIOD、ラトビアのŪGJRMV、リトアニアのĄŽERTY)非ラテン語のスクリプトPar Любослов Езыкин — Windows Keyboard LayoutsKeyboard Layout Infox over it: 272 International keyboard layoutsAround the World in 33 KeyboardsInternational keyboard layouts in 2017How to identify keyboard localizations – Apple Support, CC BY-SA 3.0, https://ja.wikipedia.org/wiki/AZERTY配列

詳細は上記リンク先のウィキペディアAZERTY配列>使用される国参照。

以下では、フランス語でよく使われるAZERTY配列とQWERTZ 配列の違いについてふれる。

欧米キーボード配列 QWERTY vs QWERTZ vs AZERTY

欧米キーボード配列

QWERTY
QWERTZ
AZERTY

その国固有の配列
非ラテン文字圏

その前に、まず欧米言語のキーボード配列には3種類あることなどをふれておく。

普段のキーボード、日本人のみなさんが使いなれているPCなどの配列は「QWERTY」配列。
(左小指には「z」がこないと気持ち悪いというモノノフも多いかもしれないZ)

なお、カナダのフランス語キーボード配列は基本的に英語と同じQWERTYに準じたもの。Z/Yのキーボードが使いづらいという方はそちらもありだろう。ただ、PC(Windows)などでフランス語(フランス)という言語設定をするとデフォルトでQWERTZ 配列が適用される。よって以下ではQWERTZについてふれる。

フランス語キーボード配列 QWERTZ vs AZERTY

ここではフランス語で使われる「QWERTZ」「AZERTY」の違いについてまとめておく。上の地図でみたように、ざっくりいえば前者のQWERTZ配列(クウォーツはいれつ)が中央・東ヨーロッパ。後者がフランス本国とベルギー国内版。細かな配列の違いは以下のとおり。

QWERTZ(クウォーツ配列)

(特徴)QWERTZとAZERTYの主な違い
a.QとAが入れ替わっている
b.WとZが入れ替わっている(Zが動詞二人称複数の語尾部分”-z”を中心にWよりもはるかに多用されるため。例:”vous chantez”)
c.MがLの右(QWERTY配列ではセミコロンがある場所)にある
d.数字の0〜9の入力にはShiftキーを押さなければならない。一見同じ場所だがShiftキーなしだとアクセント付きの小文字。
e.ほとんどの記号類(非英数字)の位置が違う

AZERTY配列 By Liquid 2003 (トーク) – D’après File:Qwerty.svg., CC 表示-継承 3.0, ättps://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=474493

なお、なぜドイツ・スイス等のQWERTZ版キーボードがWindowsフランス語(フランス)に適用されているのかはナゾ。(MicrosoftはシアトルだしWindowsではカナダのQWERTY版でまとめてくれればいいのにとも思うがロス…おっと誰か来たようだ。深入りはしない。深夜プラスワン。)


以下では、基本的にQWERTZ配列のフランス語キーボードについてふれる。

フランス語キーボード(QWERTZ配列)PC Windows 入力のコツまとめ

フランス語キーボードのーと
以下はフランス語キーボード入力に関するコツなどまとめ(初心者向き)

À (a-grave)の大文字

À (a-grave)の大文字

フランス語のアクサン・グラーヴ(accent grave)の母音3文字( à, è, ù)はフランス語キーボード(にデフォルトで配置されている。
ただ、Àの大文字などの入力は自分は少しとまどった。上の図のように大文字の「A」と「`」の同時押し。(自分の感覚的には気持ちやや「`」先。「`」を押したまま「A」を押す感じかと。)

フランス語キーボード「?」

フランス語の入力 è

フランス語キーボード ! ?など

フランス語キーボード入力:y / z

フランス語の入力 è

フランス語の入力 è

あなたは急いでいますか?

フランス語キーボード ! ?など

※フランス語キーボード:shift に色々あります


フランス語キーボード入力:y / z

※仏語の入力では、y と z の位置が逆になっています。

Quand vous êtes fatigué, vous êtes doux

フランス語のキーボード 「’」 d’accordなどの「’」

2019.05.02

今日のフランス語のキーボード「 ‘ 」

français clavie

フランス語 キーボード入力 「^」s’il vous plaît の ^ など  (FR. 29Jan2019)

2019.05.02

にゅ
今日のフランス語のキーボードは「 î 」の「^」について。
いきなり間違いだらけのフランス語。
s’il vous plaiiiiiiiiiii^^^^î^^^^^^^^^^^^
ってなることありませんか?
(私はよくこれでいらちになります。ガウゥ)
PCでフランス語入力をしていて、かなり厄介なのがこの「 î 」 
ここでは、この「 î 」の入力からレッスンをはじめたいと思います。


今日のフランス語のキーボード「 î 」

今日はわかりにくいので、画像をもう一度掲載します。よーくご覧ください。
まず、つかうキーボードのボタンは
「i」と「^」。
これは日本語の「い 、i」と「^」と同じ位置なのでそこまではいいですね。
つぎに、「i」+「^」(同時押し)。
以上。

ん、なにが問題?これでいいです・・・よ、よくなーーーい!!!
普通の紹介では、さらっと「i」+「^」同時押し」と書いてます。
が!
しかし!!
問題はタイミング!!!
これを同時押ししないとダメ。そのタイミングがけっこうシビアなん。
(私はいつもおそるおそる。一発変換できたときは、ふぅとなごみます。)
(良い例)i 「î」(これは成功。ふぅ^^:)
結構な高確率で、以下のように
(悪い例)s’il vous plaiiiiiiiiiii^^^^î^^^^^^^^^^^^
っとなります。Googleロボコンすぱむじゃないよ~( ノД`)シクシク…
というわけで、「^i i ^^ ^^i  ” î ” no ohanashi desita.のお話でした。(普段なら校正して削除します。フランス語キーボードのリアルな現場をお伝えしたく、この投稿では残しておきます。なんか絵文字の^^みたい。それが「 î 」の指準備運動。(今も5回やりましたがさすがに連発は控えました。)
でも、よいことがひとつ。かなり面倒なのはたしか。これがサクッと一発変換が決まると和むだけでなく、ちょっぴり初級から中級にあがったような気になれるかも(錯覚?)
(いえいえ、せっかくですから、)
ついでに、この投稿では「î」がある、よく使うフランス語を載せておきたいと思います。


français clavie

「 î 」があるフランス語のよく使う表現 ベスト10

s’il vous plaît
s’il vous plaiiiiiiiiiii^^^^î^^^^^^^^^^^^
s’il vous plaiiiiiiiiiii^^^^î^^^^^^^^^^^^
il faut… /
il faut…
il y a…
je peux?
donc la rue ?
j’doir pondor / dono michiwo ikeba iidesuka
Vous continue tou doir / massugu itte kudasai.
et vous porne
se facile
du l’universite

フランス語 キーボード 入力 方法 Mac

Macのフランス語入力方法
フランス語のアクセントを入力する方法
Macだと、スクリプトアイコンの英字からフランス語のアクセント記号が入力できる。 
この方法だと通常のキー配列のままでアクセント文字を入力する事が出来るので、フランス語キー配列を覚える必要が有りません。
以下ご紹介することは Mac OS X を使った場合。
(下記方法以外にも、キーボードの切り替えなど、仏語の打ち方はあります。)
入力方式の切替
MacOS X の場合: スクリプト・アイコンから「英字」を選択する。
「英字」がない場合?(Romaji)
ポイント:option や _ のキーを使う
é´´e´éeeeeeeéeeeeeé´´´´é´´eee´éé
【accent aigu/アクサン・テギュ】
é option + e を同時に押してから e
※ちょっとコツがある様子。é option + e を同時に押して(一呼吸間をおいてから) e
é é
【accent grave/ アクサン・グラーヴ】
à option + _ を同時に押してから a
è option + _ を同時に押してから e
ù option + _ を同時に押してから u
【accent circonflexe / アクサン・シルコンフレクス】
â option + i を同時に押してから a
ê option + i を同時に押してから e
î option + i を同時に押してから i
ô option + i を同時に押してから o
û option + i を同時に押してから u
【tréma / トレマ】
ë option + u を同時に押してから e
ï option + u を同時に押してから i
ü option + u を同時に押してから u
【cédille / セディーユ】
ç option + c を同時に押す

以上。ひとまずフランス語キーボード関連のまとめでした。
過去ブログ(日記)のまとめなので一部おみぐるしい落書きもありますが徐々にリライトして参りますのでご容赦ください(;´Д`)

タイトルとURLをコピーしました