スペイン語あいさつオラ¡Hola!発音「hはナシよ♡」

holaスペイン
スペイン

¡Hola!「おっすオラ悟空」

のっけからダジャレで
「どおもすみません」(三平師匠)😅

¡Hola! (オラ)はスペイン語で一番使う挨拶。西語会話入門オススメの万能あいさつ

発音は「オラ」。¡Hola!のhは発音しません。
(ちなみにポルトガル語挨拶oláも発音はカタカナならオラ。)
意味は¡Hola!oláも英語のHi!

例えるなら(万能あいさつ)
ほぼほぼ「おはこんばんちわ」(アラレちゃん)えっ古い?
朝でも昼でも夜でもオラが村の挨拶はオラ ¡Hola! で「OK牧場!」(ガッツ石松師匠)
さらに「オラオラオラ…」(ジョジョの奇妙な冒険)とイメージすれば日本人ならもう覚えたも同然ですね。

iChc 支配人
iChc 支配人

…とまあ語呂合わせのポイントはみなさん違うでしょうが(せ、世代のツボ?)😅

ここではそんなスペイン語の挨拶で最重要ともいわれる¡Hola!オラについて主に小噺(こばなし)中心に掘りサゲてみました。

ひまわりさん
ひまわりさん

小噺…ていうか(-_-;)

ひしょさん
ひしょさん

文中おみくるしいダジャレまみれ。あらかじめおわびもうしあげます。

ここでの語呂合わせなどで😅ぜひスペイン語の挨拶¡Hola!オラ覚えましょう

スポンサーリンク

¡HOLA! オラ! スペイン語 挨拶 あいさつ

hola
  • ¡HOLA! スペイン語 hola
  • hola 意味 どうも、(こんにちは、など)
  • hola 読み方 オラ
  • hola 発音 /ˈo.la/ (IPA)

スペイン語holaの翻訳(英語、日本語)✓

スペイン語:¡HOLA! , hola
英語:Hi! (Hello, etc)
日本語 にほんご Nihongo
どうも Domo,(こんにちは Konnichiwa など)

スペイン語のあいさつでよく使われる¡HOLA!(オラ)。

以下では意味や使い方などをみながら、スペイン語入門のはじめの一歩へ。

ひしょさん
ひしょさん

なるかしら(^_^;)

¡HOLA!の意味 英語Hi!日本語「どうも」おはこんばんちわ?

iChc 支配人
iChc 支配人

昔アラレちゃんが言ってた「おはこんばんちわ」が一番近いかも

ひまわりさん
ひまわりさん

みんな知ってるかなあ

ひしょさん
ひしょさん

ほよよ

hola 意味☑

¡Hola!の意味は挨拶全般。

「おはこんばんちわ」

すなわち、日本語の挨拶では「おはよう」「こんにちは」「こんばんわ」など。

時間帯により殆どの挨拶代りに使える。最もカジュアルで便利なフレーズ。いわばスペイン語挨拶の万能選手。

語感としては、英語の”Hi”や日本語の「どうも」に近い。

(ニュアンス的には”Hello”や「今日は」など初対面の商談などの改まった場で単独で使う挨拶としてはやや不安。ビジネス会話では「どうも、おはようございます!お元気ですか?」“¡Hola, Buenos dias! ¿Cómo está usted?” (“Hi, Good morning! How are you?”) など。仕事の会話でもHolaはよく使うのですが厳密にいえばinformalなフレーズ寄り。あくまで丁寧な挨拶への呼びかけやきっかけ程度にとらえておくほうがよいでしょう。)

スペイン語”¡Hola!”英語”Hi!”

Holaには、こんにちは(Hello)という意味もある。

ただ、上でふれたように、おはよう(Good morning)や今日は(Good afternoon)、こんばんは(Good evening)という挨拶の代わりにもなる便利なあいさつ。

よって、どちらかといえば、英語の Hi に近い意味。

「どうも」「やあ」「よう」「おす」「おっす」など。
日常会話のくだけたニュアンスもふくむカジュアルな表現。

「やあ」より「どうも」? 日本語の書き言葉と話しことば(日常会話)の違い

辞書では「やあ」と訳される「オラ( hola)」。

実は日本語に翻訳するときに少し迷う言葉でもあります。

たしかに書き言葉(文語)では「やあ」以外に思い浮かばない。

でも、日常会話(口語)ではあまり使いませんよね。

というわけで「オラ(Hola)」の意味に相当する日本語の主な候補の例をあげておきます。 以下は私見。

  • どうも(男女共通)
  • よう、よお、おす、おっす(男性)
  • あら、ねえ(女性)


補足:オラ( hola)を「どうも」と和訳するのは真面目な言語学者の方には抵抗もあるかもしれませんね。代替案が探しにくいのですから。

日常会話で、男女共通のあいさつといえば、一番近いのは「どうも」という気がします。「ども」でもいいでしょう。ここではあんまり細かいところまでつっこみたくないので、適当に。

男性は、やあ、とはいわずに、よお、って感じですかね。おす、うす、おう、う、お…実際は面倒なので、挨拶といってもほぼ聞き取れない様な音を発している男性もおおいハズ(わたし含め汗)。

女性はわかりません(苦笑)。「よう」「おす」にあたる女性語はなんというか周りの女性に聴いたり少し調べたがいまひとつピンとこない。「ねえ」、「あら」、なんて候補がでました。そんな感じでしょうか。

いずれにせよ、この辺はスペイン語というよりも日本語の話ですので、この稿ではこの辺で。

holaの発音と読み方

オラ ゴクウ
vinsky2002 / Pixabay

hola 発音☑
IPA: /ˈo.la/
holaの発音は正確に国際音声記号(IPA)で書くと /ˈo.la/ 。

hola 読み方☑
オラ(おら)
holaの読み方は簡単にかなで書くと「オラ」。

スペイン語は始めの 「H(h)」は発音しないというルールがあります。

ひまわりさん
ひまわりさん

いやーん、エッチ(H)

ひしょさん
ひしょさん

だからスペイン語ではいわないの

(え、えっと…まあ。そんなふうに、スペイン語のh の発音は無視することにして…苦笑)

以上、¡HOLA!のスペイン語の発音や読み方でした。

(表題や文中など少しでも記憶にひっかかるようにちょっとダジャレをまぜてますがお許しを。)

ひまわりさん
ひまわりさん

h はナシよ

ひしょさん
ひしょさん

くどい(怒)


発音小ネタ

スペイン語のオラ(Hola)とポルトガル語のオラ(olá)共通点と違い:
(共通点)ポルトガル語の挨拶(olá)もカタカナで書けばオラ。意味も同じ英語の”Hi”や”Hello”。
(違い)スペルと発音少々。スペイン語のオラとポル語のオラの違いは細かい(※1)。普段は両者の区別はさぼど気にせずとも「ラ(la)」をしっかり発音(×ra)すればまあまあ通じる(※2)。

(※1)若干ポルトガル語のオラ(olá)のほうがやや語尾上げ⤴気味で”l”(エレ)の音を強調する感じ。上のだじゃ例(ダジャレの例)では、スペイン語のHolaがゴクウのオラ寄りでポル語のoláがジョジョのオラ(おるあ)寄り。詳しくはGoogole先生やWikitionaryなどで比較してみてください。
ES”Hola” PT”(olá) Pronunciation comparison /IPA/
Hola(Spanishi)/ˈola/
olá(Portugal) IPA(key): /ɔ.ˈla/
olá(Brazil) IPA(key): /o.ˈla/
微妙な違いですが、WikitionaryのIPAによれば、スペイン語のHolaはオラをつづけて語尾下げ気味。https://en.wiktionary.org/wiki/hola#Spanish
ポルトガル語のオラはオとラの間をやや開け気味で語尾上げ気味。https://en.wiktionary.org/wiki/olá

ayCique 支配人
ayCique 支配人

まあざっくりいえばスペイン語のオラが標準語(↘)。
ポル語のオラは北関東弁(↗)。

(※2)ここでまた英語の”l”慣れしてない方にはヤヤコシイのだが”l”はラ。”r”が日本語のラとは違う英語独自の子音。昔の学校英語ではここを取り違えていた例もあり私のような古い人間には混乱もあったやも。しかし今は修正されてるハズなので今どきの小学生には何の話?と思われるかもしれません。

一応お勉強としてIPAの発音なども書いておきました。ポルトガル語のoláはスペイン語のholaから来ている。その過程で少し変化。これが比較音韻論的な定説でしょう。しかし、それもかなり微妙な差異。さらに、実際の会話ではここにエモすなわち感情表現としてのイントネーションの変化が加わるので、実際厳密にスペイン語のオラとポルトガル語のオラが聴き分けできるかというとネイティブのサンプルも誤差がありすぎてようわかりまへん。というわけで。言葉は生き物。発音は水物(えっ😅こんなこと書くとガチで音韻論やってる研究者の方には叱られそうですが。でもまじめな話でもこうした発音のバリエーションという「変数」まで扱うと力学から流体力学になるような話なのでヤヤコシイ。歴史変数、地域変数、さらに感情変数までいれたらスパコンでも分析できるのか。そういえばAIならその辺を学習機能でカバーしてより「らしい」ニュアンス付けをするのでしょうがAI美空ひばりさんプロジェクトの例をみても恐ろしく困難な作業。というわけで方言や発音はIPAぐらいの基本は押さえつつも「あそび」を残しておく姿勢がまあよろしいのかと。(ああ、イカン。話がマニアックすぎますね反省)

ここではとりあえず気にせず「オラ」という挨拶に慣れること。どんどん口に出して練習をしてみてください。

¡HOLA! 例文(小ネタ)

最後に、例文というほどではない小ネタをあげておきます。

「¡…!」ってなに?
※なお、書き方で「¡…!」としているのはスペイン語のビックリマーク。
逆感嘆符(スペイン語 signo de exclamación invertido、英語 inverted exclamation mark)
ここでは文字慣れのために多用してますが使い方は英語と同様に、挨拶の短文(”Hi!”)などならつける。文中の会話などなら省略。

挨拶の練習…といっても、
「まわりにスペイン語しゃべる人なんかいないよ」、
という方は、あんまりいい例ではないかもしれませんが筆者のようにダジャレとか小噺とか脳内妄想しながらのブツブツ練習をお試しあれ。

ひまわりさん
ひまわりさん

ほんとはサルサバーとかで挨拶できるといいんですけどね。

iChc 支配人
iChc 支配人

ラテン系とか構えちゃうオッサン(昔の私)もおるのだ。

ひしょさん
ひしょさん

どんな練習でもだいじょうぶ。
口に出すことが大事ですよ。

(周囲からのけげんな視線については、せ、責任はもてませんが汗。自分の体験ではまあまあ効果アリ)

スペイン語、英語、日本語での多言語会話イメージ(脳内妄想ブツブツ練習の例):

¡HOLA!

¡HOLA!

.

.

Hi. ¡HOLA!

Hi.

Ossu ! Hi. ¡HOLA!

¡HOLA!

Ossu ! Ora Gokuu.

Kon’nichiwa !

vinsky2002 / Pixabay

¡HOLA!
Hi. ¡HOLA!
Ossu !Hi. ¡HOLA!
Ora Gokuu. Kon’nichiwa !

…Los extranjeros no entienden el dajare japonés.


Sa, sayonara …
Jamadane … ^^;
Ja, matane 🙂
See you later arigator 🙂
Hasta luego cocodrilo 🙂


notas: Dajare(en.pun) …”dajare” este es el retruécano (el juego de palabras) de Japón.
Jamadane … ^^;
Ja, matane 🙂
Ora Gokuu.
…Pero este es un mal ejemplo ;(


まとめ

¡HOLA!(オラ)

ここではスペイン語の挨拶「¡HOLA!(オラ)」について以下を確認。

  • スペイン語 Hola英語 Hi
  • hola 意味:あいさつ全般(カジュアル)、「どうも」
  • hola 発音:IPA: /ˈo.la/
  • hola 読み方:オラhは発音しない

なるべくこのヘンテコ記事1本でも大切なスペイン語の挨拶「オラ」(¡Hola!)が日本人のみなさんの頭に定着するよう工夫をほどこしてみました。発音の「hナシよ♡」がポイント。

ひまわりさん
ひまわりさん

あとはこのビミョー記事を参考に…なるのかわかりませんが(-_-;)

iChc 支配人
iChc 支配人

小生はもうネタ切れです(;^_^A

ひしょさん
ひしょさん

ご自分に合った方法を工夫なさってみてくださいね♡

ご覧頂きありがとうございました。


なお、その他の基本的なスペイン語のあいさつは別稿にもまとめています。よろしければご参照ください。

スペイン語のあいさつ
(1)buenos días :こんちには、こんばんわ、おやすみなさい、さようなら、など

スペイン語 挨拶 基本1 おはよう ブエノスディアス ほか10選
★ども(Hi)Holaおはよう(Good morning)Buenos díasこんにちは(Good afternoon)Buen...

(2)hola que tal :おげんきですか、ごきげんいか。まあまあです、など

スペイン語 挨拶 基本2 元気?ケタル?ほか10選
元気?What's up? / ¿Qué tal?やあ、元気?Hi,How are things? / hola ¿Qué tal?元気で...
タイトルとURLをコピーしました