ジプシーキングス Djobi Djoba の意味 南仏のスペイン系ロマ音楽

スペイン
スペイン

ジプシーキングスのジョビジョバ(Djobi Djoba)は1982年に発表されたスペイン語の曲(1987年にメジャー発売)。

有名な曲だが、このDjobi Djobaという意味がわかりにくいので調べてみた。

個人的におすすめなメジャーデビュー前のアルバムなどとあわせてご紹介させて頂こうと思う。

ちなみにジプシーキングスは南仏出身のフランスのアーチスト。だが、歌はスペイン語で彼らもルーツはスペイン系ロマである。

スポンサーリンク

ジプシーキングスとは

ジプシーキングスはフランス出身でスペイン系ロマの親族によるバンド。

音楽ジャンル的にはルンバフラメンカ(Rumba flamenca)といわれる。

ジプシーキングスのメンバーは親戚の2家族

ニコラ・レイエス (Nicolas Reyes)/リードボーカル、ギター
カヌート・レイエス (Canut Reyes)/ギター、ボーカル
ポール・レイエス (Paul Reyes)/ギター、ボーカル
パチャイ・レイエス (Patchai Reyes)/ギター、ボーカル
アンドレ・レイエス (Andre Reyes)/ギター、ボーカル

トニーノ・バリアルド (Tonino Baliardo)/リードギター
ディエゴ・バリアルド (Diego Baliardo)/ギター
パコ・バリアルド (Paco Baliardo)/ギター

「ジプシー・キングスは兄弟・親戚関係のフランス出身のスペイン系ロマの一家」(ウィキペディア)。

もともとは、おもにボーカル・ギターのレイエスさん一家と、ギタリストのバリアルドさん一家の御親族で結成されたバンドだった。

(のちメンバー変更あり。)

ジプシーキングス代表曲の1つ Djobi Djoba

ジョビジョバ(Djobi Djoba)は彼らの代表曲のひとつ。

1987-1988年*のアルバム『Gipsy Kings』のバンボレオ(Bamboléo)やウナモール(Un Amor)など同作品ヒット曲と共にヨーロッパで人気を獲得。

*ちなみに『Gypsy Kings』アルバムは1987年に欧州などでリリース。1988年に日本や米国でリリース。Discogsによればこのアルバムだけでなんと108バージョンあるとのこと。Source: https://www.discogs.com/ja/Gipsy-Kings-Gipsy-Kings/master/64204

1989年にはアメリカでも発売され40週間チャートイン。これは当時のスペイン語アルバムとしては稀なことだった。

ジョビ・ジョバ Djobi Djoba の意味

Gipsy Kings – Djobi, Djoba (Official Video)

さて、このジョビ・ジョバ(Djobi Djoba)である。
その意味は何だろうか。ここで少し掘り下げてみたい。

“Djobi Djoba Cada dia yo te quiero mas” サビ

まず、サビのフレーズだけ歌詞を引用させていただく。
(なお、歌詞全体はGoogleで”Djobi Djoba”と検索すればでるのでそちらをご覧頂きたい。文中のリンクも検索結果へのもの。)

Djobi Djoba
Cada dia yo te quiero mas

Djobi Djoba, Gipsy Kings, Los Reyes

(筆者仮英訳)

Djobi Djoba(Live life)
Every day I love you more.

もし英語で歌う場合はコーラスなどで少しアレンジするとよいかもしれない(非公式・個人の感想)。

Djobi (Live) Djoba (your life)
Every day I love you more (,’n’ more and more).

Djobi Djobaは出身地南仏モンペリエ方言?

この曲「ジョビジョバ」自体はスペイン語である。

だが、このDjobi Djobaのフレーズは彼らの出身地の南フランス・モンペリエの方言で「Live Life」(生きる)という意味だそうだ。

出典元は、英語版Wikipedia経由でたどりついた、おそらくモンペリエ在住フランス人の方のブログ(以下参照)。

The Gipsy Kings are a group of musicians from Arles and Montpellier, France who perform songs in Spanish. Their first hit song was titled “Djobi Djoba,” which is a local French expression that means, more or less, “live life.”

https://ryanojeil.wordpress.com/

サイクリングのブログらしい

※Djobi Djobaの由来は諸説あり

ところで、はじめに閲覧した英語版Wikipediaの一説によれば、尻軽な乱交女(”easy promiscuous girl”)というスペイン語のスラングという説もあるそうだ。

“Djobi Djoba” is a local Spanish expression meaning “easy promiscuous girl”.[1]

Wikipedia, Djobi Djoba

だが、この表現の出典元をたどったところ上のブログにたどり着きそこに書いてあった節目は上記の”Live, life”ということだった。

そのため、ここではいい意味での説をとりたい。

よって尻軽女性云々の真偽は筆者には定かでなかった。ただそうしたスラングや隠語的な二重の意味合い(多義性)を否定するまでには至らないので含みはあるのかもしれない。そうしたことは日本語でも英語でもどの言語でもままある。

以上、これら調べた諸説を総合すると、歌のかけ声やスラング的な多義性など様々なシーンでよく使われる「合言葉」としてとらえるのが妥当かと判断した次第である。

Djobi Djoba の合言葉に込められた「祈り」

結局、ジョビジョバ(Djobi Djoba)は、南仏の(おそらく彼らロマの)方言で、一種の合言葉なのだろう。

ここからは筆者の解釈にもなるが、おそらく作詞されたホセ・レイエス氏だけでなく彼らジプシーキングスのみなさんにとっても大切な合言葉ではないかと思う。

ひとことでいえばそれは「祈り」ではないか。

ウチナーグチ(沖縄の言葉)でいえば「ぬちどぅたから(命どぅ宝)」と「なんくるないさ」を足して2で割ったような意味の合言葉だろうか。

上に英訳は載せたが、もしその意味あいで仮に日本語に翻訳(仮訳・意訳)するとしたら、ジョビジョバのサビの部分は次のような意味になるかもしれない。

《(命を・人生を)生きろ、毎日君が愛おしくなる》

(歌うと字余り。少し歌詞っぽく?アレンジすると…。)

《生き・よう、毎日君が愛おしい》

もし鼻歌や脳内再生するときは「生き・よう」の中黒(・)でブレイクまたはシャンシャン(フラメンコ手拍子のつもり)をはさむと勝手に気持ちが高揚するだろう(個人的体験談)。

(おまけ)カラオケで歌うなら?

ひしょさん
ひしょさん

・・・で、カラオケで唄うなら?

つい興じて仮訳などしてしまったが、もちろんカラオケには向かない。歌詞はスペイン語表示。

カラオケでは「ジョビ・ジョバ、カーダディアジョテケローマ」とカタカナで歌った方がわかりやすいだろう。

iChc 支配人
iChc 支配人

カタカナでないと歌詞が覚えられないと謙遜してたある友人ミュージシャンが、本場スペイン語ネイティブ達をがっつり唄で泣かせてたという例えもあります(笑)。

謎のフレーズ:Para guarja jaとParagua’ ya ya(カラオケでこまるやつ)

ちなみにややマニアックだが、カラオケでうたうときに困るフレーズで、歌詞の最後のところでよくわからんやつがある。
ネットで検索すると、Para guarja jaとParagua’ ya yaという2通りの歌詞がでてくるのだがどちらも私には意味が不明。「Para guarja ja」? Google翻訳では、para guarjaがto saveとでるが、guardar(守る)にそんな活用はないようだし、ナゾである。また、YouTubeの歌詞などで、Paragua’ ya yaなんてのもある。まさか実はこの曲がパラグアイ・ヤー・ヤーとパラグアイ賛歌の曲だった訳じゃなかろうし。この辺はよくわからない。

iChc 支配人
iChc 支配人

うーむ。まあ結局、カラオケでは鼻歌かな😅

おまけカラオケ余談は以上。


というわけで、ジョビ・ジョバ(Djobi Djoba)の意味はだいたいこんな感じかと思う。

2つのジョビ・ジョバ Djobi Djoba 2 version

Djobi Djobaには、1982年のGypsykings版と1987年のGypsy Kings版がある。少々紛らわしいが、前者は一文字で、後者はわかち書きとなっている。

1982年 Gypsykings – Djobi Djoba

Djobi Djoba

Released August 6, 1982
Recorded 1981–82
Genre Flamenco
Label Philips Records
Producer Sara Music

https://en.wikipedia.org/wiki/Allegria

1982年8月6日発売。
ちなみに録音は上に引用したWikipediaによれば1981-82となっているがAmazonの作品情報では1981/12/31となっている。

Allegria ※日本版未発売

どちらもよい。もし未聴ならぜひ両方とも聞き比べてみて欲しい。

iChc 支配人
iChc 支配人

個人的には正直こちらの1981-82年のオリジナル録音の方がおすすめ。

なお、このアルバムはアマゾンミュージック・アンリミテッドでも聴ける。

<広告>
Amazon Music Unlimited

1987-88年 Gypsy Kings – Djobi Djoba

クロード・マルチネス(Claude Martinez)をプロデューサーに迎え、1987年に発表した「ジョビ・ジョバ」(Djobi Djoba)、「バンボレオ」(Bamboleo)がフランス国内で大ヒット。こちらのバージョンはみなさんおなじみかと思う。

Djobi Djoba – Gipsy Kings – (Lyrics)

ここでは歌詞付きの動画をお借りした。

スペイン語の学習に弾みがつけばと思う。

ということで、今回はこの辺でおひらきに。


(参考)
ウィキペディア、ジプシーキングス
Wikipedia, Djobi Djoba, Allegria 他(url前掲)

(関連情報)
Gypsy Kings 公式サイト
http://www.gipsykings.com/
ジプシーキングス ソニーミュージックオフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/GipsyKings/

タイトルとURLをコピーしました