レコジャケとファッション 50年代60年代ラテン音楽など

ラテンアメリカ
ラテンアメリカ

50年代60年代音楽のレコードのアルバムジャケこそアートでファッションという話。

60年代までのジャケは写真やアートワークだけでも素晴らしい。
以前そんな話をした気がする。

そこで、ここではいくつかジャケがおすすめのアルバムをご紹介したいと思う。

スポンサーリンク

1950年代のマンボブーム時代のRCAのジャケ

フランスからラテン音楽に飛んでしまうが、この1958年のマンボブーム時代のRCAのジャケなどは、私にとっては美術品です。

1958年 TITO RODRIGUEZ – THREE LOVES HAVE I: CHA-CHA-CHA / MAMBO / GUAGUANCO

Tito Rodriguez And His Orchestra* ‎– Three Loves Have I
レーベル:RCA Victor
国:US
リリース:1958
ジャンル:Latin
スタイル:Mambo, Guaguancó, Cha-Cha

<広告>画像はAmazonにリンク

THREE LOVES HAVE I: CHA-CHA-CHA / MAMBO / GUAGUANCO [LP] [12 inch Analog] インポート
TITO RODRIGUEZ 

※曲は10曲目の cha-cha-cha-para tiあたりがおすすめ。チャチャチャのダンスBGMなどでも人気。

Tito Rodriguez Cha Cha Cha Para Ti

Tito Rodriguez Cha Cha Cha Para Ti

王様 ティト・プエンテのジャケはファッション性というわけではないがヴィンテージ感がそそる。

<広告>

よく似たベスト盤。よく見ると後ろの左の女性のレトロワンピがしゃれおつかと。

こちらは、2005年頃にBMGから、2000年7月に死去したティト・プエンテの5周忌を偲んだRCA マンボ/ラテン 名盤リイシューシリーズ(全10タイトル)として紙ジャケが再発されている。

キューバではもともと戦前からダンソーンというゆったりめのダンス音楽やソン・モントゥーノといった速いテンポのダンスパートやデスカルガとよんでいたジャムセッションなどがあり、それらがチャチャチャやマンボに影響を与えた。

チャランガ編成(リズム、ストリングス、フルート)のキューバの代表的グループの1つオルケスタアラゴーンの1955年~56年の作品。

印象的な背景の色づかいもすでにポップだがジャケをよくみると男女のペアが踊っているサボール(sabor 味のある)ジャケ。

<広告>

オルケスタ・アラゴーン (Orquesta Aragón)は1939年にキューバのシエンフェゴス(Cienfuegos)で結成された国民的グループ。1955年と1958年にRCAで録音。

原題はAl Vaivén De Mi Carreta(視聴の邦題は「7.荷車ゆれて」)。

ちなみに商品説明では「アル・バイベン・ミ・カレータ」の決定的名演が~と書かれているが、おそらくそれは1999年にヒットしたAfro Cuban All Starsのカバー曲のほう。そちらはダンサンブルにアレンジされている。原曲はソン・グアヒーラのような哀愁のある曲。いや、もちろんどちらも良い曲。聞き比べでどうぞ。

1955 Orquesta Aragon de Cuba – Al vaiven de mi carretera

Orquesta Aragon de Cuba – Al vaiven de mi carretera

1999年 Juan de Marcos Afro Cuban All Starsのカバー曲。日本でもヒット。あの頃90年代ティンバ黄金期を思い出す方もいるのでは?

Al vaivén de mi carreta

Al vaivén de mi carreta · Afro Cuban All Stars
Distinto, diferente
1999 World Circuit Limited, a BMG Company
Producer: Juan de Marcos Gonzalez
Composer: Ñico Saquito


ちなみにグアヒーラ(Guajira)といえばフラメンコもあるが動画はまた別の機会に。
(余談だがフラメンコのグアヒーラはやや明るめのノベルティのある曲といわれたりするので少しややこしい。ルーツはカリブや中南米の農民(グアヒーロ)の民謡だったことは同じ。キューバでは農民の哀歌を謳うテーマが多く哀愁をおびたソン・グアヒーロになり、スペインでは昼の日当たりの良い農民をイメージしたフラメンコ・グアヒーロになったというと妄想が過ぎるだろうか。日本でソンがルンバとよばれもともとサンテリアから派生した土着系アフロリズムのルンバが歌謡曲になり、ブラジルのファベーラの哀歌も多く演歌調でも歌われるサンバがハレのカーニバルのイメージだけでマツケンサンバになったのと似た構図かもしれない。ほんまか😅)

どの年代のジャケがよいか?

※個人の感想です。

戦前もキューバやトリニダードなど当時流行った音楽ではアートワークにも力をいれたよいレコジャケがある。(それにデザイン以前に歴史的価値がある。)

ただ、やはり一般的にいって一番レコジャケが充実していたのは戦後から50年代、60年代あたりだろう。

50年代ジャズのアルバムジャケが素晴らしいことはご存じの方も多いと思う。

<広告>

The Incredible Jimmy Smith* ‎– Crazy! Baby
ジャンル:Jazz
スタイル:Hard Bop
年:1960
レーベル:Blue Note

だが、ラテン音楽やソウルミュージックのアートワークも負けていない。

上でもふれたが、とくにRCAビクターなどの作品は歴代のアルバムジャケをみくらべても秀逸で、まさに黄金期という気がする。

60年代までのジャケは写真やアートワークだけでも素晴らしい。

<広告>

1967 Booker T.& The MG’s

70年代も前半まではなかなか。

<広告>

Quarteto Em Cy ‎– Quarteto Em Cy
ジャンル:Latin
スタイル:MPB
年:1972

こちらはブラジルのコーラスグループ、クアルテート・エン・シーの72年作品。ヒッピールックが時代感。日本でいえば沖縄のEVE(イブ)かと。

<広告>

1974 Aldemaro Romero & Charlie Byrd -Onda Nueva the New Wave

70年代後半以降は正直きびしい。

(ジャケ的にはこの頃が谷間なので、個人的にはどんなに音が良くても配信でもいいかと思ってしまう。)

80年代はキューバモノ以外は痛い。

(80年代キューバは社会主義時代でその頃のタイムラグがいい意味でヴィンテージ感を醸し出している。当時はマーケットへの流通が少なかったため、例えば80年代のロスバンバンのアルバムジャケなどは海外のレコードマニアには垂涎の的。残念ながら2000年代までには欧米やカナダのキューバ系レアグルーブDJあたりにや掘りつくされた感もあるが、もしかしたら現地にはお宝が眠っているのかもしれない。いや、あっても高値だろうけど。)

90年代以降は・・・以下、省略。

レトロ・ファッションなどのコーデで迷ったときなど、これらの50s・60sのレコードジャケットこそ最強のファッションのオテホンではないかと思う。

(音楽ネタは別の機会に譲るとして、とくにVogueなどのファッション雑誌を愛読されている方にもおすすめしたい。)

まとめ

音楽配信が主流になってしまった時代において、フィジカル音源の魅力とは、音の質感もさることながらジャケである(断言)。

とくに、紙ジャケや原盤ジャケのリイシューものは音楽はもちろんのことモノとしての魅力が大きい。

タイトルとURLをコピーしました