フランス語キーボード使い方まとめ AZERTY QWERTZ QWERTYの違い

フランス語キーボード AZERTY タイプフランス
フランス

フランス語文字のキーボード配列は3種類。

  1. 1つはフランスやベルギーで利用されてきた「AZERTY」配列。
  2. 2つめはスイスなどの「QWERTZ」配列。
  3. 3つめはカナダなどの「QWERTY」配列。(英語や日本語ローマ字の標準キーボード配列。)

Windows10やMac, iPhoneなどでフランス語の言語設定や特殊文字の入力方法にコツがありますが、まずはこの3配列を念頭においておかれるとよいでしょう。

以下では、1)フランス語文字の打ち方(特殊文字の入力方法)、2)フランス語キーボードの使い方(各配列の文字入力方法のコツ)、3)3つの配列(AZERTY配列・QWERTZ配列・QWERTY配列)の違いをまとめています。

スポンサーリンク

フランス語キーボード打ち方

フランス語文字のキーボード入力方法(QWERTY配列、QWERTZ配列):フランス語の文字の上の記号や文字の上の点など文字の打ち方まとめ。

ここでは、フランスのAZERTY配列は後回しにして、まず、日本のパソコン環境(PC・windows10、Mac)でよく使われるフランス語キーボード配列(QWERTY配列、QWERTZ配列)を例に、フランス語の特殊文字(ç,é,à,è…など)をタイピング入力する方法についてご紹介します。

「コピペもあるけどできれば自分でかわいいフランス語の特殊文字を入力したい。」

「MacやiPhoneでの記事はあるけどWindows10でのフランス語入力がわからない」

そんなときの参考用にフランス語キーボードの文字入力方法をまとめています。

(初心者向き)

以下では、各文字毎にフランス語キーボードの入力方法についてふれます。

(1)フランス語キーボードの点付き文字の打ち方(特殊記号アクサンなんちゃら)

アクサンテギュ(accent aigu)é
アクサングラーブ(accent grave)à, è
アクサン・シルコンフレクス(accent circonflexe)

(2)フランス語キーボードのヒゲ文字の打ち方(特殊記号セディーユ)
・セディーユ

また、それぞれの文字について3つのキーボード配列により入力方法の違いなどもあるので、必要に応じ詳しくみていきます。

(凡例)入力文字の名称:
・フランス語(カナダ)QWERTY配列
・フランス語(スイス)QWERTZ配列

フランス語 キーボード é

アクサン・テギュ(accent aigu)é

まずはPokémonで有名なéから。フランス語ではアクサンテギュ(accent aigu)といいます。

スマホでは世界地図マーク🌐>「e」長押し

フランス語 キーボード à è

アクサングラーブ(accent grave)à, è

・フランス語(カナダ)QWERTY配列
・フランス語(スイス)QWERTZ配列

フランス語(カナダ)QWERTY

アクサングラーブ à, é フランス語(カナダ)windows10

アクサン・グラーブ(accent graveà, è

・フランス語(カナダ)QWERTY配列

フランス語(カナダ)での入力 è

フランス語(スイス)QWERTZ

アクサングラーブ à, é フランス語(スイス)windows10

アクサン・グラーブ(accent grave

フランス語(スイス)での入力 è


QWERTZ配列:フランス語(スイス)

フランス語の入力 è

フランス語 キーボード ù

アクサングラーブ(accent grave)ù

アクサン・グラーブ(accent grave)ù についてはコピペに頼る方がてっとりばやいかと思っていましたがこの記事をリライト中に裏技を発見してしまいました。

フランス語(フランス)AZERTY

azerty配列:Windows10フランス語(フランス)日本語ノートパソコン※

※あらかじめ申し上げますが2021年6月時点での筆者のノートパソコン(ただしOSも標準Windows10でアップデート更新済みのいわゆる普通のウィンドウズ10)での現象です。非公式情報(Windows公式では発表されていない)ですので一時的な現象の可能性もあります。その点お含みおき頂き、もしお試しになる場合は自己責任で設定をお願いいたします。※

と、いちおう前置きした上で。

以下の裏技(ほぼ隠しコマンド)で日本のフランス語学習者の方々を悩ませてきた「ù (u accent aigu)入力できないぞコラ問題」も解決かと。

(手順)
Windows10言語設定で「ハイチクレオール語」をインストール。
以上。

手順はこれだけなのですが。

なぜかハイチクレオール語をインストールすると、それまで私のノートパソコンではインストールができなかったフランス語(フランス)azerty配列がしれっとインストールされてるではありませんか!

この現象は他の方はどうなのでしょう。そもそもフランス語(フランス)がインストールできなかったのは自分だけなのか。その辺はよくわかりません。もし、読者の方のノートパソコンでフランス語(フランス)azerty配列がインストールできるなら、そもそもこんな裏技は必要ありません。

azerty配列なら ù(u accent grave)も打ちやすいのでこの辺りは日本のノートパソコン利用者特有のローカルな悩みかもしれませんね。

ともあれ、もし似たようなWindows10のキーボード入力環境で「ù」にお困りだった方は(非公式なので自己責任という前提ですが)ぜひ試してみてください。

私はハイチ・クレオール語のヴードゥーパワーで(?)やっとフランス語キーボード ù 入力できない問題の呪縛が解けました(笑)。

フランス語(カナダ)qwerty(スイス)qwertz

ù アクサングラーブ windows10 キーボード

フランス語(カナダ)qwerty(スイス)qwertz入力ほぼムリなのでコピペ

上述のとおり、AZERTY配列ではùも打ちやすい範囲に配列されていますのでWindows10フランス語(フランス)言語設定ができればとくに問題はないのですが。

もしazerty配列が使えない場合、すなわちWindows10のフランス語(カナダ)、フランス語(スイス)言語設定の場合は、ù(u accent grave)のWindows10キーボード事情は少々やっかいです。

とりあえずその場合はコピペに逃げるのが現実的かと。

ノートパソコンでは実質的にフランス語(カナダ)FRCA/qwertyでもフランス語(スイス)SF/qwertzでもùは打てません。

フランス語(カナダ)FRCAでもフランス語(スイス)SFでもキー配列自体へのマッピングは左下隅のzまたはyの左横に配置されてはいます。

もしノートパソコンではなく、大型PC用フルサイズキーボードをお使いの場合は、おそらく打てるのでしょう。(あいにく手元にはノーパソしかないので検証しておりませんが。)

alt系の入力方法も紹介されていたりしますが古いWindowsの情報が多いようです。(筆者もWindowsXPとか古いやつ持ってますがあいにくセキュリティ問題もありネットにつなぐことすら憚られるので怖くて試せません。)

いちおう、そうしたalt系入力も先人のお知恵を借りて自分でも色々試したのですがどうも現行のWindows10では不透明。(シアトルとケベックが遠いせいなのか。ぶっちゃけ放置してんだろ、と勘繰りたくなるぐらいアプデ微妙ですな。おっと誰か…ry

といわけで、日本でよく使われるフランス語(カナダ)(スイス)のqwert系キーボードをお使いの場合はとりあえずùはコピペで対応するか。もしくは上述の裏技azerty作戦か。2021年6月リライト時点では、Windows10での入力だと、個人的には実用性でいうとほぼ2択かな、という気がします。

フランス語 キーボード â ê û î ô

アクサン・シルコンフレクス(accent circonflexe)

フランス語 キーボード â ê û î ô(アクサン・シルコンフレクス)の入力:
フランス語(カナダ)qwerty:^ a ^i ^u ^i ^o

フランス語 キーボード À, È

アクサングラーブ大文字 À, È

アクサングラーブの大文字はフランス語(カナダ)ならshiftで選択できるのでとくに問題はないかと思います。

以下はわざわざフランス語(スイス)を使ってる時の小ネタ。

À (a-grave)の大文字

フランス語のアクサン・グラーヴ(accent grave)の母音3文字( à, è, ù)はフランス語キーボード(にデフォルトで配置されている。
ただ、Àの大文字などの入力は自分は少しとまどった。上の図のように大文字の「A」と「`」の同時押し。(自分の感覚的には気持ちやや「`」先。「`」を押したまま「A」を押す感じかと。)

フランス語 キーボード入力 「^」s’il vous plaît の 「 î 」など

今日のフランス語のキーボードは「 î 」の「^」について。
いきなり間違いだらけのフランス語。
s’il vous plaiiiiiiiiiii^^^^î^^^^^^^^^^^^
ってなることありませんか?
(私はよくこれでいらちになります。ガウゥ)
PCでフランス語入力をしていて、かなり厄介なのがこの「 î 」 
ここでは、この「 î 」の入力からレッスンをはじめたいと思います。

今日はわかりにくいので、画像をもう一度掲載します。よーくご覧ください。
まず、つかうキーボードのボタンは
「i」と「^」。
これは日本語の「い 、i」と「^」と同じ位置なのでそこまではいいですね。
つぎに、「i」+「^」(同時押し)。
以上。

ん、なにが問題?これでいいです・・・よ、よくなーーーい!!!
普通の紹介では、さらっと「i」+「^」同時押し」と書いてます。
が!
しかし!!
問題はタイミング!!!
これを同時押ししないとダメ。そのタイミングがけっこうシビアなん。
(私はいつもおそるおそる。一発変換できたときは、ふぅとなごみます。)
(良い例)i 「î」(これは成功。ふぅ^^:)
結構な高確率で、以下のように
(悪い例)s’il vous plaiiiiiiiiiii^^^^î^^^^^^^^^^^^
っとなります。Googleロボコンすぱむじゃないよ~( ノД`)シクシク…
というわけで、「^i i ^^ ^^i  ” î ” no ohanashi desita.のお話でした。(普段なら校正して削除します。フランス語キーボードのリアルな現場をお伝えしたく、この投稿では残しておきます。なんか絵文字の^^みたい。それが「 î 」の指準備運動。(今も5回やりましたがさすがに連発は控えました。)
でも、よいことがひとつ。かなり面倒なのはたしか。これがサクッと一発変換が決まると和むだけでなく、ちょっぴり初級から中級にあがったような気になれるかも(錯覚?)
(いえいえ、せっかくですから、)
ついでに、この投稿では「î」がある、よく使うフランス語を載せておきたいと思います。


français clavie

「 î 」があるフランス語のよく使う表現 ベスト10

フランス語キーボードセディーユ大文字

フランス語 キーボード セディーユ 大文字

(2)1)フランス語 キーボード セディーユ 大文字

・フランス語(カナダ)qwerty:セディーユCの大文字 Ç は pの右2つめ。

・フランス語(スイス)qwertz:セディーユ大文字なし※
(※ shift+4 セディーユ小文字。大文字入力の場合は上記フランス語(カナダ)に言語設定を切り替えたほうが早いかと。)

フランス語 キーボード oe

フランス語 o e 合字(Œ, œ)はコピペ。

フランス語 キーボード アポストロフィ

フランス語のキーボード 「’」 d’accordなどの「’」

フランス語(カナダ)

フランス語(スイス)

フランス語キーボード!?など

フランス語キーボード入力:y / z

※フランス語キーボード:shift に色々あります


フランス語キーボード入力:y / z

※仏語の入力では、y と z の位置が逆になっています。

Quand vous êtes fatigué, vous êtes doux

フランス語キーボード使い方

2.フランス語キーボード使い方(デバイス別)
(1)フランス語 キーボード win10
(2)フランス語 キーボード Mac
(3)フランス語 キーボード スマホ

フランス語 キーボード win10

フランス語キーボード(Windows10)

フランス語 キーボード配列 windows10

フランス語キーボード(Windows10)のポイント

1.Windows10でのフランス語キーボードの文字(特殊記号:点やヒゲなど)の打ち方(タイピング入力方法)が知りたい:
(0)フランス語言語設定(インストール)Windows10(日本)の初期設定ではフランス語(カナダ)かフランス語(スイス)の2択。
(1)点(アクサンなんちゃら)
(2)ヒゲ(セディーユ)
(3)その他記号

1.Windows10でのフランス語 入力のコツまとめ

(0)フランス語言語設定(インストール)Windows10

Windows10 言語設定 フランス語

Windows 10フランス語キーボードのインストール
・Français (Canada) フランス語(カナダ):QWERTY配列
・Français (Suisse)フランス語(スイス):QWERTZ配列

ayCique 支配人
ayCique 支配人

クワーティ(QWERTY)配列とクウォーツ(QWERTZ)配列の違いは、簡単にいうと「Y/Z」と「記号のキー配列」の位置が異なることです。

フランス語キーボード配列 Windows10(カナダ)

フランス語キーボード(カナダ)Windows10 QWERTY配列
フランス語キーボード(カナダ)Windows10 QWERTY配列

フランス語キーボード(カナダ)Windows10 QWERTY配列

フランス語キーボード配列 Windows10(スイス)

フランス語キーボード(スイス)Windows10 QWERTZ配列
フランス語キーボード(スイス)Windows10 QWERTZ配列

フランス語キーボード(スイス)Windows10 QWERTZ配列

その他フランス語キーボードのコツ

以下では、配列の違いによる具体的な入力時のヒントなどについてノートします。

・フランス語 キーボード セディーユ 大文字
・QWERTY配列入力時のヒント:フランス語(カナダ)など
・QWERTZ配列入力時のヒント:フランス語(スイス)など

フランス語 キーボード セディーユ 大文字

Windows10 フランス語キーボードFRAのフランス語(カナダ)FRCAとフランス語(スイス)SFの大文字キーボード(+Shift)の違い


フランス語のQWERTY配列とQWERTZ配列キーボードの違いでとくに大きな例をあげると、フランス語文字の特殊記号(セディーユなど)の大文字が打てるか打てないかという違いがあります。

フランス語(カナダ)QWERTY配列キーボードでは、セディーユ付きC大文字「Ç」やアクサン付きE, A大文字「È」,「À」などが打てます。

クウォーツ配列(QWERTZ)ではこれらの大文字入力が初期表示されていません。

ayCique 支配人
ayCique 支配人

(個人的にはQWERTZでは「Ç, È, À」の入力が面倒なのでコピペの助けを借りたりしてしまいます。)

QWERTY配列入力時のヒント:フランス語(カナダ)など

フランス語キーボード(カナダ)Windows10 QWERTY配列
フランス語キーボード(カナダ)Windows10 QWERTY配列

カナダのフランス語キーボード配列は基本的に英語と同じQWERTYに準じたもの。特殊文字も入力できます。Z/Yが入れ替わっているキーボードだと使いづらい場合はこちらを。

QWERTZ配列入力時のヒント:フランス語(スイス)など

フランス語キーボード(スイス)Windows10 QWERTZ配列
フランス語キーボード(スイス)Windows10 QWERTZ配列


もうひとつの選択肢はフランス語(スイス)などのQWERTZ配列のキーボード。

日本でよく使われるWindows10の標準キーボードはQWERTY配列なので、フランスでよく使われるAZERTY配列は初期設定では選択できません。

AZERTY配列はWindows10言語設定では「フランス語(フランス)」。初期設定では文字色がグレーとなっており選択できない状態となっています。

フランス語 言語設定 Windows10

(オプションでAZERTY配列のキーボードを購入して追加設定すれば可能。後述。)

そのため、PC(Windows)などでフランス語(フランス)という言語設定をすると、フランス語(フランス)のAZERTY配列がスキップされてしまいます。

デフォルトでQWERTZ 配列が適用される仕様のようですが、言語設定でフランス語(カナダ)を選択しておけばそちらが優先されます。

以上。ひとまずフランス語キーボード関連のまとめでした。
過去ブログ(日記)のまとめなので一部おみぐるしい落書きもありますが徐々にリライトして参りますのでご容赦ください(;´Д`)

コピペもありますがどうしても打ちにくいÉ(éの大文字)など最終手段ぐらいの保険ぐらいに考えておいた方がよいでしょう。

ここでは日本人向けの上記2配列でご紹介するので初心者の方でも落ち着いて学んで理解して使っていくうちに慣れます。

慣れるにはやはりご自分で使うしかないので簡単とはいいません。でも、使っていればできるようになるし、使わなければできるようにはならない。単純だけどけっこう大切ですよね。(ちなみにえらそうにいってる筆者もコピペに逃げていた時期は一向に上達しなかったのですが腰を据えていちいち「あ”ーうぜーフラ語入力(泣)」とかブツブツ文句言いながらもポチポチやってたらいつの間にかストレスがなくなる程度になりました。面白いもので多少慣れてくるとあのフラ語のヒゲ文字や特殊文字入力が楽しくなってくるんですよね。もっとé,à,è,が打ちたいとか。ちょうどあのプチプチを潰す感じで(笑)。

なお、フランス語を真剣に学びたい方や将来フランス語で仕事をしたい方は本来はフランスでよく使われるAZERTY配列も必要かもしれません。

そちらは以下でふれているのでよろしければ併せてご覧ください。

フランス語 キーボード Mac

2.フランス語キーボード入力方法 Mac

Apple系デバイス(Mac, iPhone)ではフランス語のアクサン記号などの特殊記号付きの文字入力も通常のキーボードのままでスクリプトアイコンの英字やromajiから選択することができます。

フランス語キーボード(Mac)のポイント

2.Macノートパソコン(laptop)でのフランス語

Macのフランス語入力方法のポイント

Macのフランス語入力方法のポイント

・フランス語入力は英字またはromajiのスクリプトアイコンから選択できる
・フランス語の特殊文字をキーボード配列を入れ替えなくても打てる
・もしフランス語のキーボード配列にしたい場合はオプションでフランス語入力専用キーボード周辺機器なども購入できる



Mac OS X :
>入力方式の切替
>スクリプト・アイコンから「英字」または「Romaji」を選択

オプション「option」キーやアンダーバー「_」と基本文字(アルファべ)との組み合わせなどで入力。

(入力方法の例)

・アクサンテギュ(accent aigu)
é option + e 同時押し(一呼吸間をおいてから) é

・アクサン・グラーブ(accent grave)
à option + _ を同時に押してから a
è option + _ を同時に押してから e
ù option + _ を同時に押してから u


・アクサン・シルコンフレクス(accent circonflexe)
â option + i を同時に押してから a
ê option + i を同時に押してから e
î option + i を同時に押してから i
ô option + i を同時に押してから o
û option + i を同時に押してから u

・トレマ(tréma)
ë option + u を同時に押してから e
ï option + u を同時に押してから i
ü option + u を同時に押してから u

・セディーユ(cédille)
ç option + c を同時に押す

フランス語 キーボード スマホ

3.フランス語キーボード入力方法 スマホ

スマホ(iPhone)でのフランス語文字入力

フランス語 é アクサンテギュ iPhone

スマホでは冒頭にご紹介したように🌐マークから各文字を長押しすればフランス語の特殊記号はほとんど打てます。

AZERTY, QWERTZ, QWERTY 違い

(1)AZERTY配列とは?
(2)QWERTZ配列とは?
(3)QWERTY配列とは?

AZERTY配列とは?

AZERTYとはフランス本国などで使用されるキーボード配列。

名称の由来はキー配列が左上から順にAZERTYと並んでいるため。

なお、2016年頃からフランス教育省などでも見なおしがおこなわれているとのこと。

AZERTY配列について

AZERTY配列について(フランス語学習用ノート)

(フランス語単語)

・キーボード(英語 keyboard)フランス語 clavier
・AZERTY配列キーボード(AZERTY keyboard)clavier français azerty

(参考情報など)
AZERTY配列については日本語版ウィキペディアなどでも詳しい説明があります。

AZERTY配列(アザーティはいれつ、アゼルティはいれつ、英語:AZERTY layout)とはキーボードのキー配列の1つである。

主にフランスで使用される。左上から順にAZERTYと並んでいるところから名付けられた。

AZERTY配列 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

以下は同じ内容ですがフランス語版ウィキペディアからの引用も掲載しておきます。

ayCique 支配人
ayCique 支配人

(上記日本語版ウィキペディアの「AZERTY配列」の記事を閲覧したときフランス語版へのリンクがなかったのご参考まで。)

 AZERTY est un arrangement spécifique des caractères de l’alphabet latin et de divers caractères typographiques sur les touches des machines à écrire et claviers d’ordinateur.

https://fr.wikipedia.org/wiki/AZERTY

「AZERTY(AZERTY配列、英語:AZERTY layout)とは、コンピューターのキーボードやタイプライターのタイプ入力で用いるラテンアルファベットのキー配列の1つ。」(筆者仮訳)

AZERTYのカナ表記について

ひまわりさん
ひまわりさん

そもそも読み方もわかりにくいですよね

AZERTYの読み方(発音)(アザーティ、アゼフティ、など):

・アザーティ(英語読み)

日本語(カタカナ)では英語風のアザーティが一般的のようです。

IT関係の仕事で調べるときなど、とくにフランス語発音などにこだわらず検索するときはこちらが便利でしょう。

・アゼフティ(フランス語読み)

フランス語の発音ではアゼフティのほうが近いと思います。

(以下の方法などでフランス語の発音について3サイト程サンプルをチェックしたところ私の耳ではアゼフティでした。)

(参考)azertyのフランス語発音例:「azerty prononciation en francais」(google検索結果にリンク)

ayCique 支配人
ayCique 支配人

私の耳で聞いた個人的な感想なので気になる方がおられたらフランス語発音サイトなどをチェックしてみてください。

どちらもありでしょうが、AZERTYは基本フランス語圏でしか使わないので、個人的にはフランス語読みの「アゼフティ」推し。

(※フランス語の「r」をハヒフヘホのハ行で書くのは筆者の個人的見解です。)

ただ、ネットで「アゼフティ」と検索してもあまり使われていないようなので実用的とはいえないのでオススメとまでは申せません(汗)。

いずれにせよ「結局AZERTYとラテン文字入力したほうが早いよね」という話なのでカナ書きの表記揺れは些細な話ですが小ネタとしてノートしておきました。

AZERTYキーボードの使用国

AZERTY配列のキーボードが使用される国はおもにフランス語圏の国の一部。

1 フランス(フランス共和国) La France
2 ベルギー(フラマン語圏含む) la Belgique
3 アルジェリア l’Algérie
4 モロッコ  le Maroc
: ベルベル語(タマジクト語)のティフィナグ文字の入力

ひまわりさん
ひまわりさん

下の地図でブルーのところね。

QWERTZ配列とは?

QWERTZ配列 フランス語(スイス)Windows10
QWERTZ配列 フランス語(スイス)Windows10

QWERTZ

クウォーツ(QWERTZ)配列とは、ラテン文字を使用する中央ヨーロッパ(ドイツ、オーストリア、​スイス、リヒテンシュタイなど)、および、バルカン諸国(アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナなど)などで使用されているキーボード配列。 Windows10ではフランス語(スイス)などで使われています。

クォーツ配列と書かれることもあります。日本語のカタカナ表記自体曖昧なのでどちらでもよいとされています。個人的にはクォーツ時計などのクォーツ(quartz)は石英という意味で別物でスペル(文字つづり)も違うのでここではいちおうクウォーツ(QWERTS, qwertz)とクォーツ(quartz)と書き分けています。

QWERTY配列とは?

QWERTY配列 フランス語(カナダ)Windows10
QWERTY配列 フランス語(カナダ)Windows10

QWERTY

クワーティ(QWERTY)配列とは、普段、日本の皆さんが使いなれているPCのキーボード配列。WIndows10でも日本語(ローマ字入力)や英語は「QWERTY」配列。

AZERTY・QWERTZ・QWERTY配列の使用地域

ヨーロッパにおけるさまざまなキーボードレイアウトの地理的分布:QWERTY QWERTZ AZERTY 国内規定(特にトルコのFGĞIOD、ラトビアのŪGJRMV、リトアニアのĄŽERTY)非ラテン語のスクリプトPar Любослов Езыкин — Windows Keyboard LayoutsKeyboard Layout Infox over it: 272 International keyboard layoutsAround the World in 33 KeyboardsInternational keyboard layouts in 2017How to identify keyboard localizations – Apple Support, CC BY-SA 3.0, https://ja.wikipedia.org/wiki/AZERTY配列詳細は上記リンク先のウィキペディアAZERTY配列>使用される国参照。

以下、3つのキーボードの違いについてまとめ。

まず、各キーボードの大まかな違い(使用地域や言語圏など)にふれたうえで、次章でフランス語の入力などの細かな違いについてふれます。

欧米キーボード配列(使用地域・言語の違い)

欧米キーボード配列

QWERTY
QWERTZ
AZERTY

その国固有の配列
非ラテン文字圏

欧米言語(ラテン文字)圏で使用される3つのキーボード配列の大まかな違いは、使用される国・地域や言語圏やが異なること。

QWERTY:欧米(上記地図でグリーン):英語圏、スペイン語圏、フランス語圏(カナダ)など。日本も。
QWERTZ:中欧・バルカン半島(上記地図でオレンジ):ドイツ語圏、フランス語圏など。
AZERTY:フランスなど(上記地図でブルー):フランス語圏


その国固有の配列
非ラテン文字圏

フランス語キーボード配列 (キー配列の違い)

ここからは、フランス語文字を入力するとき入力キーの位置など、3つのキーボード配列の細かな違いについて詳しくみていきます。

QWERTY vs QWERTZ vs AZERTY

(1)QWERT系(qwerty, qwertz)とAZERTY系の違い

まず、3者の違いは、ざっくりいうと、QWERT系(qwerty,qwertz)とAZERTY系にわけられます。

「QWERTY」「QWERTZ」vs「AZERTY」の違い

・文字も記号も入力キー配列がかなり異なる。
・文字では、キーボード左上のqwertとazertに象徴されるように記号なし基本文字入力もかなり違います。
・記号でも、記号付き文字も含め配列が違います。

QWERTYとQWERTZの違い


(2)QWERT系(qwerty, qwertz)の違い

つぎに、QWERT系では、英語などのQWERTY配列と、中央ヨーロッパ(ドイツ、スイス)などのQWERTZ配列で入力キーの配列に違いがあります。

「QWERTY」vs「QWERTZ」の違い:

・基本文字(記号なし)は「Y/Z」ぐらいですが、記号(記号付き文字)の配列がかなり異なります。

ayCique 支配人
ayCique 支配人

クワーティ(QWERTY)配列とクウォーツ(QWERTZ)配列の違いは、簡単にいうと「Y/Z」と「記号のキー配列」の位置が異なることです。

QWERTZ vs AZERTYの違い

QWERTZ(クウォーツ配列)

ここではフランス語で使われる「QWERTZ」「AZERTY」の違いについてまとめておく。上の地図でみたように、ざっくりいえば前者のQWERTZ配列(クウォーツはいれつ)が中央・東ヨーロッパ。後者がフランス本国とベルギー国内版。細かな配列の違いは以下のとおり。

AZERTY QWERTZ QWERTY

Elle dérive, tout comme le QWERTZ germanique, de la disposition QWERTY anglaise et possède ses propres variantes nationales en France et en Belgique. Son nom provient des six premières lettres de la première rangée des touches alphabétiques.

https://fr.wikipedia.org/wiki/AZERTY

ドイツ語のQWERTZと同様に、英語のQWERTYレイアウトから派生し、フランスとベルギーに独自の国内版がある。その名前は、アルファベットキーの最初の行の最初の6文字に由来する。(筆者仮訳)

(特徴)QWERTZとAZERTYの主な違い
a.QとAが入れ替わっている
b.WとZが入れ替わっている(Zが動詞二人称複数の語尾部分”-z”を中心にWよりもはるかに多用されるため。例:”vous chantez”)
c.MがLの右(QWERTY配列ではセミコロンがある場所)にある
d.数字の0〜9の入力にはShiftキーを押さなければならない。一見同じ場所だがShiftキーなしだとアクセント付きの小文字。
e.ほとんどの記号類(非英数字)の位置が違う

AZERTY配列 By Liquid 2003 (トーク) – D’après File:Qwerty.svg., CC 表示-継承 3.0, ättps://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=474493

まとめ

以上、フランス語キーボード関連の違いについてまとめてみました。

(参考)AZERTY配列のキーボードは日本でもMac用などがAmazonや楽天などでいくつか出回っているようです。

AZERTYセパレートタイプ

AZERTYカバータイプ

お値段もわりとお手頃価格で数千円程度からあるようです。ただ、取り寄せ品などで在庫には限りがあるそうなので、
「本場フランスのキーボードを練習したい!」
という方など、もしご興味あれば各販売サイトをチェックなさってみてください。ご参考まで。

(関連記事)フランス語文字キーボード打ち方 windows10 等まとめ

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました