チャーリー Charlie(2021年~) フランス人歌手 カルヴァドスの妖精!?

フランス

シンプルでフェミニン。チャーリー(Charlie)という名のフランス人女性SSWに注目!

フランス歌手 SSW:チャーリー(Charlie)
出身:フランス、ノルマンディー地方カルバドス県バイユー
デビュー年:2021年(EP 「Ordinaire」フランス語「普通」)

2021 Charlie debut EP Ordinaire

2021/11/05 Charlie – Ordinaire (Clip officiel)

チャーリー Charlie – depuis 2021

ひまわりさん
ひまわりさん

2021年EP「Ordinaire」(フランス語意味「普通」)でデビューしたフランスでも今時珍しい弾き語り歌手SSW。ノルマンディー地方のカルヴァドス県出身。幼少期からヴァイオリンや音楽理論を習い、さらに大学ではロンドンで医学を専攻していたという才女。ですが、ポエトリースラムのグラン・コール・マラードに見いだされ歌手デビュー。2022年にミニアルバム発売。ご注目!

Charlie♪(公式YouTubeチャンネル)

スポンサーリンク

ノルマンディの妖精?(音楽的にも)

ノルマンディの妖精?

シンプルでフェミニン。チャーリー(Charlie)という名のフランス人女性SSWに注目

2021年コロナ禍という厳しい現実があったフランスで、カルヴァドスで有名なノルマンディー地方出身の素敵な女性歌手がデビュー。

2021年EP「Ordinaire」(フランス語意味「普通」)でデビューしたフランスでも今時珍しい弾き語り歌手SSW。ノルマンディー地方のカルヴァドス県出身。幼少期からヴァイオリンや音楽理論を習い、さらに大学ではロンドンで医学を専攻していたという才女。ですが、ポエトリースラムのグラン・コール・マラードに見いだされ歌手デビュー。2022年にミニアルバム発売。シンプルでフェミニン。今後のご注目。

ayCique 支配人
ayCique 支配人

個人的にはフランスギャルの再来かと❤
ノルマンディー地方ということでノルウェン・ルノワさんも連想してしまいますが。
とにかくコロナ禍の大変な時によくぞデビューしてくれたと感謝したい知性と美貌を兼ね備えた(ってフランスの女性アーティストにはほぼ城東区ですが)さっそくファンになってしまった期待のアーティストさんです。

※個人の感想です

「ノルマンディの妖精?」なんてべたなキャッチを思いついてしまったのは筆者の個人的感想でこれが公式というわけではありません(汗)

おなじノルマンディ出身のノルウェンルノワさんやともすればフランスギャルさんまで連想してしまいそうな美しい女性歌手、そして医学を専攻していたというまさに才色兼備のプロフィールもさることながら。

個人的に妖精!?と思ったのはその音楽性ももう1つの理由。ラップやキゾンバそしてエレクトロなどがチャートの主流を占める2020年代のフランス音楽シーンでデビュー前のオーディションからなんとギター1本の弾き語りで歌い始めたという。(実はチャーリーさんは幼少期からヴァイオリンを習い音楽理論もしっかり勉強したクラシック音楽の素養もばっちり)。デビューをサポートした関係者も「いまどきこんな娘がいるんだ!」と驚いたそうです。

たぶん、日本のフォーク世代にも古い衣を脱ぎ捨てて最近のフレンチポップでも聞いてみるかな、と思わせてくれる歌手さんかもしれません。

まあ管理人的にはそういう人をたくさん見てきて(初期アコースティック中期ディスコ後期シャンソンやジャズ)、しかもそれこそがフランスの女性アーティストを聞く愉しみと思っているので、チャーリーさんがどんな方向に進もうが期待したいところです。

(ちなみに、日本のアーティストで連想するとすれば、いまのところはあいみょんさんかなあ。とはいえまだEPとミニアルバムだけですし、個人的な感想で今まで自分が知った範囲で連想したりしていますが、ピュアな彼女の音楽、チャーリーさん自身の作品を色眼鏡をつけないで見守っていきたいものです。)

#2020年代にデビューしたフランス人アーティスト歌手

2021 Charlie debut EP Ordinaire

カルヴァドス県(Calvados) はフランス北西部ノルマンディー地域圏の県。

(以下、参考記事仮訳)未定稿

バイユー:グラン・コール・マラデとフランス全土をツアー中の歌手チャーリー

チャーリーは、グラン・コール・マラードのプロデューサーの目に留まりました。彼はバイユーザインに彼の全国ゼニスツアーのためのスラムアイコンのコンサートの最初の部分を委託しました。


歌手は彼女の芸名、チャーリーだけを使用することを選択しました。バイユー(カルバドス)出身の彼女は、フランスでスラムのアイコンを使った全国ツアーを開始しています。 2021年11月20日土曜日午後8時、ZénithdeCaenでキックオフ。 (©FrédéricBourgeois/ The Renaissance le Bessin)
FrédéricBourgeois著投稿日:11月15日17:44
ルネッサンスのベッシン
私のニュースフォロー

彼女は自分の名前を付けたいと思っており、それを達成するための正しい道を進んでいます。

バイユー(カルバドス)で生まれたチャーリーは、8歳で音楽を始めました。

6年間のバイオリン、8年間の音楽理論」と22歳の若い女性は言います。

ムシコブロコス協会との歌のレッスンから中世の街の通りでの音楽祭のコンサートまで、チャーリーは彼の芸術的感覚を発達させました。

彼女の芸術から生きたいという彼女の願望はまた、彼女の医学研究、「非常に良い」言及を伴うBacSの後の彼女のプロジェクトをあきらめることを彼女に促しました。

18歳でロンドンのオペアはフランスに戻り、音楽に専念することを決心しました。

それがそれを推進するものです。ケーキの上のアイシング、彼女の親戚は彼女のアプローチで彼女をサポートします。

「私は音楽のセクションで、パリのクールフローレントに支払うためにいくつかの奇妙な仕事をしました。」

2020年に卒業したチャーリーは、パリに住むことを選びました。良い選択。

シンプルさと効率

「私は2021年4月にGrandCorpsMaladeのプロデューサーであるJean-RachidKalloucheに会いました。」 Anouche Productionsの創設者から招待され、スラムアイコンの会社で彼の作曲を紹介しました。チャーリーはそれをシンプルかつ効果的に演奏します。 「Ordinaireというタイトルを含むいくつかの曲をボイスギターで演奏しました。普通は、他人の目には普通とはかけ離れた普通の女の子の物語です。若い女性の声が的を射ている。

彼らはその感情と、もはやオフィスでギターを持って現れることはそれほど多くないという事実に感動しました。代わりに、モデルをデジタル形式で送信します。
バイユーのCharlieArtist

チャーリーは再び正しい選択をしました。プロデューサーが彼に別の約束を与えるほどです。 JoandCoレーベルのオフィスで。歌手はSébastienSaussezの前で彼女の歌を演奏します。

ビデオ:現在Actuにあります

彼らは数日後に私に電話をしました。シングル Ordinaireとそれに続くEPは、AnoucheProductionsとJoand Co!によって共同制作されます。彼らはその歌に恋をした。


正しい軌道に乗ったチャーリーシンガー!

「Ordinaire(フランス語 意味「」普通のタイトルは非常に個人的なタイトルですが、作曲ではありません」とアーティストは認めています。

「普通はナジムによって作曲されました」。マルセイユの作曲家ナジム・ハレドは、特にアミールとクラウディオ・カペオ、さらにはケンジ・ジラクのためにいくつかの成功を収めました。 「私は2年前に彼に会いました。私たちはたくさんのアイデアを交換しました、そして彼は私にこのテーラーメードのタイトルを書きました。

ビデオ:チャーリー Ordinaire(公式クリップ)

有望な統計

シングルOrdinaryは2021年11月5日にストリーミングプラットフォームでリリースされました。YouTubeに投稿されたミュージックビデオは、わずか1週間で20,000回以上視聴されました。 「5トラックEPは2022年に計画されています。これにはOrdinaireと4つの私の作曲が含まれます」。

フランス全土ツアー中

このアルバムのリリースを待っている間、Grand Corps Maladeのファンは、アーティストのコンサートの最初の部分を提供するチャーリーを発見します。 「私は彼らのゼニスツアーのためにグランコールマラデをサポートする機会があります。 Ordinaire、2つの楽曲(InsomniesとEncoreunété)、そしてGalaのカバー(欲望から解放された)を演奏します。チャーリーは揺れません。 「ストレスはありません。ステージが大好きで、まるで家のようです。」今回は大きな家! 2021年11月20日土曜日にカーンで初デート。

チャーリーをフォローするには、charlieofficiel.lnk.to / OrdinaireまたはInstagram:charlieofficielにアクセスしてください。

この記事は役に立ちましたか? MyNewsスペースでLaRenaissanceleBessinをフォローできることに注意してください。ワンクリックで、登録後、お気に入りの都市やブランドのすべてのニュースを見つけることができます。

(出典)Source:(参考記事)“Bayeux : la chanteuse Charlie en tournée dans toute la France avec Grand Corps Malade”, 15 nov. 2021, ACTU. fr

(備考)

ACTU fr(公式サイト https://actu.fr/

ACTU fr ※2017年2月17日発刊のフランス地方紙をまとめたニュースサイト。8つの地方(ノルマンディー、ブルターニュ、オクシタニー、ペイ・ド・ラ・ロワール、イル・ド・フランス、オー・ド・フランスなど)エリアの地域情報が満載。

ACTU fr : L’actualité en continu dans vos régions et au plus près de chez vous en Normandie, Bretagne, Occitanie,actu.fr est née le 17 février 2017. Elle rassemble un quotidien, des hebdomadaires, des journaux gratuits et des pure-players partout en France. Notre credo : l’information de proximité.

ACTU fr: Continuous news in your regions and closer to you in Normandy, Brittany, Occitanie,actu.fr was born on February 17, 2017. It brings together a daily newspaper, weeklies, free newspapers and pure-players throughout France. Our credo: local information.

ACTU fr:ノルマンディー、ブルターニュ、オクシタニー、actu.frであなたの地域とあなたの近くで継続的なニュースは、2017年2月17日に生まれました。それはフランス中の日刊紙、週刊紙、無料の新聞と純粋なプレーヤーを集めます。 私たちの信条:地域情報。

グラン・コール・マラード
2018年のグランコールマラデ
2018年のGCM
背景情報
出生名ファビアン・マルソー
1977年7月31日生まれ(44歳)
ルブランメニル、セーヌサンドニ、フランス
ジャンルスラム
職業
シンガーソングライターフィルムディレクタースクリーンライター
楽器ボーカル
2003年の活動年–現在
ラベル
AZUniversalAnouche Productions
ウェブサイトgrandcorpsmalade.fr

ポエトリースラム

ポエトリースラム
英語から翻訳-ポエトリースラムは、詩人がライブの聴衆と審査員団の前でスポークンワードの詩を演奏する競争的な芸術イベントです。文化的には、ポエトリースラムは、エリート主義者または厳格な芸術形態としての詩の過去のイメージからの脱却です。フォーマットはさまざまですが、スラムは大音量で活気があり、聴衆の参加、歓声、劇的な配信があります。 ウィキペディア(英語)

ナジム・ハレド
シンガーソングライター

英語から翻訳-ナジム・ハレドはフランスのシンガーソングライターです。彼はケンジ・ジラク、アミール、クラウディオ・カペオ、アルマなどのさまざまな芸術家のためにいくつかの成功を収めてきました。 ウィキペディア(英語)
原文を見る
生年月日: 1986年9月3日 (年齢 35歳)
出生地: フランス マルセイユ

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました