フランコフォニーとは(1)意味と加盟国

フランス語圏 世界地図 フランス
フランス

フランコフォニー(フランス語 francophonie 意味「フランス語圏」)について単語の意味や加盟国についてをまとめています。

1.フランコフォニー意味:
・フランコフォンと2つのフランコフォニーなど用語の定義

2.フランコフォニー加盟国:
・フランコフォニー国際機関(OIF)
・ヨーロッパのフランコフォニー
・アフリカのフランコフォニー
・アメリカ・カリブのフランコフォニー
・アジア・オセアニアのフランコフォニー

スポンサーリンク
Try Apple Music

フランコフォニーの意味

「フランコフォニー(francophonie)」とは「フランス語圏」と「フランコフォニー国際機関(OIF)」との2つの意味をさします。

フランス語圏の記事や話題でよく使われるのが、フランコフォンとフランコフォニーの2つの単語。

「フランコフォン(francophone)」とは、フランス語話者という意味。

「フランコフォニー(francophonie)」とは、上述のとおり、フランス語圏や国際機関(OIF)の意味。

どちらも、似たような単語で、語尾のちょっとした差だけなので「ほぼほぼ同じだろ」印象を受けるかもしれません。

ですが実際は対象国が異なるなど具体的意味はけっこう違います。

筆者の体験では、フランス語学習で初級から中級にかけて新聞記事などを読む段階になると参考記事にこのfrancophoneとfrancophonieが出てきたりして両者の違いを押さえておかないと話の内容についていけないこともありました。

そんなわけで、この記事では、フランコフォニーのことばの意味と具体的な加盟国などについてまとめておきたいと思います。

(記事の構成)
1.フランコフォニーの意味
2.フランコフォニー加盟国

以下では、まず、フランコフォニーのことばの意味について、
(1)フランコフォン(フランス語を話す人々)、
(2)1)フランコフォニ(フランス語圏)、
(2)2)フランコフォニー(国際機関OIFの略称)
の3つにわけて、それぞれの違いについてふれていきます。

・フランコフォンとフランコフォニーの違い
・フランコフォン(francophone)
・フランス語圏(francophonie)
・フランコフォニー国際機関(OIF)

フランコフォンとフランコフォニーの違い

フランコフォンとフランコフォニーの違い
フランコフォン(フランス語話者)とフランコフォニー(フランス語圏等)の違い(イメージ)

(1)「フランコフォン(francophone)」とは
:フランス語を話す人々(フランス語話者)。

(2)「フランコフォニー(francophonie)」とは
:フランス語圏またはフランコフォニー国際機関のこと。

上でもふれましたが、
(1)フランコフォン(francophone)とは、
フランス語話者の人々、
(2)フランコフォニー(francophonie)とは、
フランス語圏(地域概念)や国際機関(略称)、
のことをさします。

francophone vs francophonie

(1)フランコフォン(francophone):
フランス語を話す人々(フランス語話者)
(2)フランコフォニー(francophonie):
 1)フランス語圏(地域)
 2)フランコフォニー国際機関(OIF)

フランコフォン(francophone)

フランス語話者(francophone)フランコフォン

フランコフォン(francophone)とは、フランスを話す人のこと。

フランス人はもちろん。アフリカのフランス語圏の人たち。カナダのケベック(アメリカのフランス語の州)。ハイチなどのフランス語圏カリブ。タヒチがあるフランス領ポリネシアやニューカレドニアなどのフランス語圏オセアニアなど。世界中にフランコフォン(フランス語話者)がいます。

世界のフランコフォン人口数(目安)
・約1億3千万人
・世界の言語圏ランキング第9位
※世界のフランコフォン人口数:リアルなフランス語話者数:日常的にフランス語を母国語または第二言語として話している人の数
(出典)『…et le monde parlera français Broché』2017,ほか

世界のフランコフォン人口については諸説あり。

例えばOIFのデータはアフリカ人口の成長度などを見込んだやや楽観的な数値ではないかという問題も指摘されてきました。

そうしたなかで、2017年の『…et le monde parlera français Broché』Roger Pilhion, Marie-Laure Poletti, 2017という本が信頼できる情報源として引用されています。

(例1)米国版wikipediaの”Geographical distribution of French speakers”の記事※

「フランス語の世界的分布に関する2017年本の著者、つまり“francophones réels”(英語 real francophones ※筆者注:リアルなフランス語スピーカー人口)の数に関する信頼できる見積りによれば、母国語または第二言語として日常的にフランス語を話す個人は、約1億3000万人になります。」(筆者仮訳)

“According to the authors of a 2017 book on the world distribution of the French language, a credible estimate of the number of “francophones réels” (real francophones), that is, individuals who speak French on a daily basis either as their mother tongue or as a second language, would be around 130 million.[3]”

Source: Geographical distribution of French speakers From Wikipedia, the free encyclopedia

(例2)rfi のFRANCOPHONIE関連の書評記事”[Livre] «Et le monde parlera français», plaidoyer décomplexé pour la Francophonie”

(英仮訳)”And the world will speak French”, uninhibited plea for the Francophonie(和仮訳)「そして世界はフランス語を話すだろう」フランコフォニーのための抑制なきアドボカシー(英和とも筆者仮訳)※アドボカシーとは擁護などの意味。この本は長年海外でのフランス語教育に携わってこられた著者の経験からフランコフォニーについて実証性のあるデータから検証しているとのことでフランスのメディアなど欧米でも評判になった本とのこと。

「世界中で1億3000万人がフランス語を話し、その半分はアフリカにいます。”Dans le monde, 130 millions de personnes sont francophones, pour la moitié d’entre elles en Afrique.” 」とのこと。

「毎日この言語を母国語と第二言語として使用する実際のフランコフォンに固執すると、1億3000万という数字は信頼できる見積もりとして表示され、母国語または第二言語として最も話されている言語の中ではフランス語が第9位となります。」(筆者仮訳)
« Si l’on s’en tient aux francophones réels utilisant la langue quotidiennement comme langue maternelle et seconde, le chiffre de 130 millions apparaît comme une estimation crédible et situerait le français au neuvième rang des langues les plus parlées comme langue maternelle ou seconde. »

(出典)Source: “FRANCOPHONIE [Livre] «Et le monde parlera français», plaidoyer décomplexé pour la Francophonie”, Publié le : 21/07/2017, rfi

(出典)『…et le monde parlera français Broché』(著者)Roger Pilhion (Auteur), Marie-Laure Poletti (Auteur), 22 mai 2017

(画像)amazon.co.jpより


フランコフォニーの意味は2つ

(1)フランコフォニー(francophonie)フランス語圏(地域)
(2)フランコフォニー国際機関(OIF)

「フランコフォニー」の意味は以下の2つ。
(1)「フランス語圏」という地域概念。
(2)「フランコフォニー国際機関(OIF)」というフランス語圏諸国で構成される国際機関の通称。

フランス語圏(francophonie)

フランス語圏 世界地図

(フランス語圏全体の地図)

フランス語圏(francophonie)フランコフォニ*

フランコフォニ*とはフランス語圏のこと。フランス語圏全体を含む地理的な概念。

フランス語圏地域の具体的な範囲は、(上図)フランス語圏分布世界地図のとおり、北米から欧州、アフリカ、大洋州(オセアニア)など世界各地に広がっている。

francophonie(フランス語圏)という言葉の由来

1880年にフランスの地理学者オネジム・ルクリュが命名した用語。フランス語話者(francophone、フランコフォン)の人々で構成される「フランス語圏」の意味。 フランス共和国を含めフランス語が何らかの形で用いられている国・地域の総称。

(*日本を含むかどうかは諸説あり。また当サイトでは便宜上「フランコフォニ」をフランス語圏の意味、フランコフォニーをフランコフォニー国際機関の意味で書き分ける意味で「ー」ありなしの表記わけをしていることもあります。忘れる場合もあるのでそんな厳密なハナシではありませんが😅)

フランコフォニー国際機関(OIF)

(出典)ウィキペディア、フランコフォニ―国際機関


Francophonie(国際機関)フランコフォニー国際機関(フランス語:Organisation Internationale de la Francophonie, OIF)の通称。

詳しくは次章「フランコフォニー加盟国」でふれていきます。

フランコフォニー 加盟国

フランコフォニー国際機関とは、正式名称をフランス語で「Organisation Internationale de la Francophonie(OIF)」という国際機関。

日本語では、国際フランコフォニー機構、仏語圏(フランコフォニー)国際機関ともよばれる。

2018年時点で、84の国・地域が参加。内訳は、加盟国54、準加盟国4、オブザーバー26(資格停止中1)となっている。

・フランス語圏とフランコフォニー国際機関加盟国の違い

フランス語圏とフランコフォニー国際機関加盟国の違い

フランス語圏とフランコフォニー国際機関加盟国の違い
フランス語圏の分布とフランコフォニー国際機関加盟国の違い

なお、厳密には「フランコフォニー国際機関の加盟国=フランス語圏」ではない。

フランコフォニー国際機関加盟国や地域はフランス語圏に限定されない。

英語圏やポルトガル語圏(カーボヴェルデやサントメ・プリンシペ)、アラビア語圏(チュニジアやモロッコなど)の国も参加している。

このため、必ずしも「フランコフォニー国際機関加盟国」=「フランス語圏」ではない。


(備考)francophonieはフランコフォニー?フランコフォニ*?
注釈:フランコフォニー(フランコフォニ)の使いわけについて(私見)※結論からいえば、フランコフォニ―という表記が一般的である。ここでは便宜上、フランス語圏をフランコフォニ、国際機関をフランコフォニ―と使い分けを試みている。これは定まったものではない。※使い分けの理由:やや専門的な話になる。OIFの日本語名称がやや幅がある。このためここでは「フランコフォニ―」としてまとめている。例:1)仏語圏国際機関(OIF)仏語圏(フランコフォニー)国際機関(OIF)(外務省)、2)国際フランコフォニ―機構(在日フランス大使館)、3)フランコフォニ―国際機関(ウィキペディア)。これらいずれもフランコフォニ―というカタカナ表記は同じなので、最小公倍数としてフランコフォニ―を抽出。なお、フランス語の原文では、正式名称は、OIF: Organisation Internationale de la Francophonie。日常的にはFrancohpnieというOIFの略称も仏語圏でよく用いられている。一方、フランス語圏のカタカナ表記は、あくまで個人的な便宜上の使いわけ。国際機関をわざわざ使い分ける必要がなければ、フランコフォニ―という表記でまとめてしまえばよいと思う。例えば、ここでの紹介のように、広義のフランス語圏というfrancophonieと国際機関のFrancophonieについて使い分けたいとき、カタカナ表記を書きわけると多少はわかりやすいのやもしれない。

ヨーロッパ(欧州)のフランコフォニー

ブリュッセル(フランス語圏欧州)
ブリュッセル(フランス語圏欧州)

(1)フランス語を公用語とする国

  • フランス 63,213,894(1位)
  • ベルギー 10,364,388(11位)
  • スイス 7,489,370 (18位)
  • ルクセンブルク 468,571 (26位)
  • モナコ 32,409 (29位)

国名 人口(人口順 /フランス語公用語とする国々:全29カ国)

(2)フランス語が国語・共通語・公用語の地位にある国・地域

  1. フランス(公用語)
  2. ベルギー(オランダ語、フランス語、ドイツ語が公用語)
  3. スイス(ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語が公用語)
  4. モナコ(公用語)
  5. ルクセンブルク(公用語、国語はルクセンブルク語。ドイツ語も公用語)
  6. ヴァッレ・ダオスタ州(イタリア北西部の特別自治州。イタリア語とフランス語が公用語)
  7. ガーンジー(イギリス王室領。英語とフランス語が公用語)
  8. ジャージー(イギリス王室領。英語とフランス語が公用語)

(3)フランコフォニー国際機関加盟国等

(西欧)西ヨーロッパ諸国

  1. フランス共和国
  2. アンドラ公国
  3. モナコ公国
  4. ルクセンブルク大公国
  5. ベルギー王国(ワロン=ブリュッセル共同体地域がベルギー連邦政府とは別個に参加)

(北欧)北ヨーロッパ:バルト三国

  1. エストニア(オブザーバー)
  2. ラトビア(オブザーバー)
  3. リトアニア(オブザーバー)

(中欧)中央ヨーロッパ

  1. スイス連邦
  2. オーストリア共和国(オブザーバー)
  3. ポーランド(オブザーバー)
  4. チェコ(オブザーバー)
  5. スロバキア(オブザーバー)
  6. ハンガリー(オブザーバー)

(東欧)東ヨーロッパ

:バルカン半島諸国

  1. ルーマニア
  2. ブルガリア
  3. ギリシャ共和国
  4. 北マケドニア
  5. アルバニア
  6. コソボ(オブザーバー)
  7. セルビア(オブザーバー)
  8. モンテネグロ(オブザーバー)
  9. ボスニア・ヘルツェゴビナ(オブザーバー)
  10. クロアチア(オブザーバー)
  11. スロベニア(オブザーバー)

:コーカサス・クリミア半島

  1. アルメニア
  2. ジョージア
  3. ウクライナ(オブザーバー)

(中東)アラブ諸国

  1. キプロス共和国(準加盟国※イギリス連邦にも参加)
  2. アラブ首長国連邦(オブザーバー)
  3. カタール(準加盟国)
  4. レバノン(アラビア語が公用語。フランス語は準公用語的に話される)

アフリカのフランコフォニー

コンゴ民主共和国ブガウ(フランス語圏)
コンゴ民主共和国ブガウ(フランス語圏)

アフリカで、フランス語が公用語として話されている国の数は23カ国
うちフランス語を話す人口(フランコフォニ)は、アフリカ全体で約9453万6千人(94,536,000人)。


(1)フランス語を公用語とする国

  • コンゴ民主共和国 60,764,490 (2位)
  • マダガスカル 18,040,341(4位)
  • コートジボワール 17,298,040(5位)
  • カメルーン 16,322,000(6位)
  • ブルキナファソ 13,491,736(7位)
  • ニジェール 12,162,856(8位)
  • セネガル 11,706,498(9位)
  • マリ 11,415,261(10位)
  • チャド 9,657,069(12位)
  • ギニア 9,452,670(13位)
  • ルワンダ 8,440,820(14位)
    ブルンジの旗 ブルンジ 7,795,426
    ベナンの旗 ベナン 7,649,360

(2)フランス語が国語・共通語・公用語の地位にある国・地域

  1. ガボン(公用語)
  2. カメルーン(公用語、他に英語も公用語)
  3. ギニア(公用語、主要言語は、マリンケ語・プル語・スス語)
  4. コートジボワール(公用語)
  5. コモロ(公用語、他にアラビア語、コモロ語も公用語)
  6. コンゴ共和国(公用語、主要言語は、リンガラ語・ムヌクツバ語)
  7. コンゴ民主共和国(公用語、主要言語は、コンゴ語・リンガラ語・ルバ・カサイ語・コンゴ・スワヒリ語)
  8. ジブチ(公用語、他にアラビア語も公用語)
  9. セーシェル(公用語、他に英語も公用語)
  10. セネガル(公用語、主要言語は、ウォロフ語・ジョラ語・セレール語・ソニンケ語・プル語・マリンケ語・マンディンカ語)
  11. チャド(公用語、他にアラビア語も公用語)
  12. トーゴ(公用語、主要言語は、エウェ語・カビイェ語)
  13. ニジェール(公用語、主要言語は、ハウサ語・ザルマ語・タマジャク語・フルフルデ語・カヌリ語・アラビア語・ツブ語(英語版)(ダザガ語、テダ語(英語版))・ゴウルマンチェマ語(英語版)・ブドゥマ語(フランス語版)・タサワク語)
  14. ブルキナファソ(公用語、主要言語は、モオレ語・フルフルデ語・ジュラ語・ゴウルマンチェマ語(英語版)・ブヮム語(英語版)・ダガリ語・サモ諸語(英語版)・ロビ語(英語版)・リエレ語(英語版)・セヌフォ語)
  15. ブルンジ(公用語、主要言語は、ルンディ語)
  16. ベナン(公用語)
  17. マダガスカル(公用語、他にマダガスカル語も公用語)
  18. マリ(公用語、主要言語は、バンバラ語・フルフルデ語・ドゴン語(英語版)・ソニンケ語・マニンカカン語・ザルマ語・ママラ語(英語版)・タマシェク語・シェナラ語(英語版)・ボム語(英語版)・ボゾ語(英語版)・ハアソンガハンノ語(英語版)・ハッサニア語・ソンガイ語・ソノイ語・タマサイット語・ドゴソ語・バマナンカン語)
  19. モーリシャス(公用語、他に英語も公用語)
  20. ルワンダ(公用語)(他にルワンダ語・英語も公用語)
  21. 中央アフリカ(公用語、主要言語は、サンゴ語)
  22. 赤道ギニア(第二公用語、スペイン語が第一公用語、ポルトガル語が第三公用語)
  23. マヨット(公用語、フランス自治領)
  24. レユニオン(公用語、フランス海外県)
  25. モーリタニア(公用語にはなっていない。準公用語的扱いで広く通用。アラビア語が公用語)
  26. アルジェリア(公用語にはなっていない。準公用語的扱いで広く通用。アラビア語が公用語)
  27. チュニジア(公用語にはなっていない。準公用語的扱いで広く通用。アラビア語が公用語)
  28. モロッコ(公用語にはなっていない。準公用語的扱いで広く通用。アラビア語とベルベル語が公用語)

(3)フランコフォニー国際機関加盟国等

  1. ベナン(旧フランス領西アフリカ)
  2. ブルキナファソ(旧フランス領西アフリカ)
  3. ブルンジ
  4. カメルーン – イギリス連邦にも参加
  5. カーボベルデ
  6. 中央アフリカ(旧フランス領赤道アフリカ)
  7. コモロ(旧フランス領西アフリカ)
  8. コンゴ共和国(旧フランス領赤道アフリカ)
  9. コンゴ民主共和国
  10. コートジボワール(旧フランス領西アフリカ)
  11. ジブチ(旧フランス領アファル・イッサ)
  12. エジプト
  13. ガボン(旧フランス領赤道アフリカ)
  14. ガーナ(準加盟国) – イギリス連邦にも参加
  15. ギニア(旧フランス領西アフリカ)
  16. ギニアビサウ
  17. 赤道ギニア(第一公用語スペイン語、第二公用語フランス語)
  18. マダガスカル(旧フランス領マダガスカル)
  19. マリ(旧フランス領西アフリカ)
  20. モロッコ(旧フランス保護領モロッコ)
  21. モーリシャス – イギリス連邦にも参加
  22. モーリタニア(旧フランス領西アフリカ)
  23. モザンビーク(オブザーバー) – イギリス連邦にも参加
  24. ニジェール(旧フランス領西アフリカ)
  25. ルワンダ – イギリス連邦にも参加
  26. サントメ・プリンシペ(公用語ポルトガル語)
  27. セネガル(旧フランス領西アフリカ)
  28. セーシェル – イギリス連邦にも参加
  29. チャド(旧フランス領赤道アフリカ)
  30. トーゴ(旧フランス領トーゴランド)
  31. チュニジア(旧フランス保護領チュニジア)

アメリカやカリブのフランコフォニー

アメリカ・カリブ・中南米のフランコフォニー

(1)フランス語を公用語とする国

(北米)

  1. カナダの旗 カナダ(英語とフランス語が公用語。ケベック州の唯一の公用語。ニューブランズウィック州とユーコン準州は、英語とフランス語が公用語。ノースウェスト準州は、英語とフランス語ならびにイヌクティトゥット語やクリー語などの先住民言語が公用語)
  2. サンピエール・ミクロン(公用語、フランス自治領)

(カリブ)

  1. ハイチ(ハイチ語とフランス語が公用語)
  2. グアドループ(公用語、フランス自治領)
  3. サン・マルタン(フランス自治領)
  4. サン・バルテルミー(フランス自治領)
  5. マルティニーク(フランス自治領)

(中南米)

  1. フランス領ギアナ(フランス海外県)

(2)フランス語が国語・共通語・公用語の地位にある国・地域

  1. ルイジアナ州の旗 ルイジアナ州(アメリカ合衆国の州。法的な公用語の指定はない。事実上、英語とフランス語)
    サンピエール・ミクロンの旗 サンピエール・ミクロン(公用語、フランス自治領)

(3)フランコフォニー国際機関加盟国等

  1. アルゼンチン(オブザーバー)
  2. カナダ(うちケベック州ケベック州、ニューブランズウィック州ニューブランズウィック州、オンタリオ州オンタリオ州(オブザーバー)はカナダ連邦政府とは別個に参加) – イギリス連邦にも参加
  3. コスタリカ(オブザーバー)
  4. ドミニカ共和国(オブザーバー)
  5. ドミニカ国 – イギリス連邦にも参加
  6. ハイチ
  7. メキシコ(オブザーバー)
  8. セントルシア – イギリス連邦にも参加
  9. ウルグアイ(オブザーバー)

アジア・オセアニアのフランコフォニー

フレンチポリネシア(ボラボラ島)
フレンチポリネシア(ボラボラ島)のリゾート

アジア、大洋州などのフランコフォニー

(1)フランス語を公用語とする国

  1. バヌアツ(公用語)(他にビスラマ語・英語も公用語)

(2)フランス語が国語・共通語・公用語の地位にある国・地域

  1. バヌアツ(公用語)(他にビスラマ語・英語も公用語)
  2. ニューカレドニア(公用語、フランス自治領)
  3. フランス領ポリネシア(公用語、他にタヒチ語も公用語。フランス自治領)
  4. ウォリス・フツナ(フランス自治領)

(3)フランコフォニー

(アジア)

  1. カンボジア(旧フランス領インドシナ連邦)
  2. 韓国(オブザーバー)
  3. ラオス(旧フランス領インドシナ連邦)
  4. タイ(オブザーバー、資格停止中)
  5. ベトナム(旧フランス領インドシナ連邦)

(オセアニア)

  1. ニューカレドニア(準加盟国)
  2. バヌアツ

まとめ

ここではフランコフォニーの意味やフランコフォニー国際機関の加盟国などについて基本情をまとめました。

☑フランコフォニーの意味
・フランコフォン(フランス語話者)とフランコフォニー(フランス語圏等)の違い
・2つのフランコフォニーの違い:フランス語圏とフランコフォニー国際機関

☑フランコフォニー加盟国(フランコフォニー国際機関OIF加盟国)
・ヨーロッパのフランコフォニー
・アフリカのフランコフォニー
・アメリカ・カリブのフランコフォニー
・アジア・オセアニアのフランコフォニー

以上、ご参考まで。

(参考文献等)OIF、外務省、ウィキペディア(フランス語を公用語としている国の一覧、フランス語圏、フランコフォニー国際機関)、他

(日本語版ウィキペディア)について
※ちなみに閲覧時点ではウィキペディアについては日本語版ウィキペディアと英語版Wikipedia, フランス語版Wikipediaの内部リンクがずれていたのでご注意を。

1)フランコフォニー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

※「フランコフォニー」※日本語版記事は用語のざっくりした定義のみなのでリンクは不問。
※※ただ細かい点でいえばフランコフォニー(francophonie)の小文字の箇所で「言語共同体」と説明されているが厳密にいえば言語共同体は1960年代に提唱された概念なので1880年の地理的概念の用語に関する説明としては後付けかと(文脈は伝わるのでそこに拘るのは地理学会の人ぐらいかもしれませんが(苦笑)。)

2)フランス語圏
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

※こちらのページは英語版リンクとフランス語版リンクがズレ?
「フランス語圏」(英語 francophone):対応する記事
(英語版)Geographical distribution of French speakers From Wikipedia, the free encyclopedia
(フランス語版)Répartition géographique du français

3)フランコフォニー国際機関
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(英語版)Organisation internationale de la Francophonie From Wikipedia, the free encyclopedia
(フランス語版)Organisation internationale de la francophonie


※こちらは問題なし。(英語 francophonie)



(フランス語圏カルチャーぷち講座その1)あとがき
なんだか初回は堅い内容になってしまいました(反省)。また機会があればフランコフォニーの音楽や歴史など旧フランス植民地のカルチャー、そして何よりフランス語圏のリゾートなど今度の海外旅行が楽しくなるような参考情報などをご紹介していきたいと思います。ではまたアビアント!(À bientôt

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました