アフリック(アフリカ フランス語圏) フランコフォン(フランス語話者)人口ランキング

アフリックフランス語人口ランキングトップ10アフリック(フランス語圏アフリカ)
アフリック(フランス語圏アフリカ)

アフリカフランス語話者の人口:1億4千286万5千人(2018年OIF)

アフリカフランス語の人口(割合)は?
アフリカでフランス語を話す人の世界のフランス語話者人口の約7割(約70.5%)
(備考)
世界のフランス語人口約3億人
(うち母語約1億2300万人)※

アフリカフランス語(フランス語:français africain)は、2018年にアフリカで推定1億4,100万人が話すさまざまなフランス語の総称で、34の国と地域に広がっています。

アフリカフランス語圏(仏語圏アフリカ:フランコフォニー)のフランス語話者(フランコフォン)人口について基本情報をまとめ。

「アフリカでフランス語を話す人は何人ぐらい?」
「アフリカで最もフランス語人口の多い国は?」
などの素朴なギモンにも役立つよう。
アフリカ・フランス語圏のフランス語話者数ランキング等のアフリカのフランス語圏人口の概要についてシェアします。

アフリック・フランコフォン(Afrique francophone):アフリカでフランス語を話す人々(アフリカのフランス語話者)


スポンサーリンク
プーマオンラインストア

アフリカ フランス語 人口

アフリカのフランス語人口約1億4100万人(2018年時点)

(備考)
世界のフランス語人口:約2億人以上(うち母語:約1億2300万人)※

.アフリカフランス語(フランス語:français africain)は、2018年にアフリカで推定1億4,100万人が話すさまざまなフランス語の総称で、34の国と地域に広がっています。

(備考)
1)世界のフランス語人口:約2億人以上
2)アフリカのフランス語人口約1億4100万人(2018年時点)
3)世界のフランス語人口のうち母語人口:約1億2300万人※
※世界のフランス語人口におけるフランス語を母語(母国語等)とする話者の数(アフリカ以外も含む)

.

.

.

ちなみに、
「アフリック(Afrique)」とは、フランス語でアフリカの意味です。

ひまわりさん
ひまわりさん

「アフリック」ってアフリカ?
戸惑う方もおられるかもしれませんね。

ayCique 支配人
ayCique 支配人

ちなみに管理人も初心者のときはアヒルのイメージしか思い浮かびませんでした😅

アフリカでフランス語が公用語の国は?

アフリカ フランス語 フランス語圏 地図

アフリカのフランス語圏諸国の数:23カ国等

アフリカでフランス語が公用語の国は23カ国(フランスの海外県含む)

アフリカのフランス語圏の国数については諸説あり。ここではフランス語版ウィキペディアにならい23カ国等としています。

(出典)フランス語版ウィキペディア https://fr.wikipedia.org/wiki/Afrique_francophone

フランス語圏アフリカ諸国の各国の総人口

アフリカのフランス語圏(23か国・自治体)で、フランス語以外の言語話者もふくめた各国の総人口を比較すると、ランキングは以下のとおり。

フランス語圏アフリカ諸国総人口ランキング
1:DRコンゴ(コンゴ民主共和国)
2:マダガスカル
3:カメルーン
4:コートジボワール
5:ニジェール
6:ブルキナファソ
7:マリ
8:セネガル
9:チャド
10:ギニア
(詳細は下記参照)

アフリカで最もフランス語人口が多い国は?

フランス語圏アフリカで最もフランス語話者人口が多い国:
DRコンゴ(コンゴ共和国、フランス語:RDC)
約3千7百17万人(37,175,000人)

(1位)DRコンゴ
フランス語圏アフリカで最もフランス語話者人口が多い国はDRコンゴ(コンゴ民主共和国、フランス語:RDC)。約3千7百17万人(37,175,000人)。

(2位)カメルーン

カメルーン:約9百55万人(9,546,000人)。

コートジボアール約7百88万人(7,881,000人)、となっている。

アフリカ・フランコフォニ(フランス語圏)のフランコフォン(フランス語話者)人口数のランキング。1-23カ国のリスト。

source: Wikipedia.fr, Afrique francophone, États et territoires africains où le français est une langue officielle

.

アフリカ・フランコフォン・ランキング

以下、10カ国ずつふれていきます。

アフリカ・フランコフォン ランキング(1-10)

アフリカ・フランコフォン(フランス語話者)の上位10カ国は以下のとおり。

アフリカ・フランコフォン ランキング(11-23)

アフリカ・フランコフォン(フランス語話者)の11-23の国は以下のとおり。

(参考)11-23の国

(表)

 アフリック(フランス語圏アフリカ)ab
 国々各国の人口フランス語人口
 PaysPopulationFrancophones
  (est. 2016)(est. 2016)
1 Congo (RDC)79,723,00037,175,000
2 Cameroun23,924,0009,546,000
3 Côte d’Ivoire23,254,0007,881,000
4 Madagascar24,916,0004,983,000
5 Sénégal15,589,0004,521,000
6 Burkina Faso18,634,0004,124,000
7 Bénin11,167,0003,950,000
8 Guinée12,947,0003,118,000
9 Mali18,135,0003,061,000
10 Togo7,497,0002,914,000
11 Congo (RC)4,741,0002,758,000
12 Niger20,715,0002,631,000
13 Tchad14,497,0001,827,000
14 République centrafricaine4,998,0001,467,000
15 Gabon1,763,0001,077,000
16 Burundi11,553,000959,000
17 La Réunion867,000763,000
18 Rwanda11,883,000669,000
19 Djibouti900,000450,000
20 Guinée équatoriale870,000251,000
21 Comores807,000205,000
22 Mayotte246,000155,000
23 Seychelles97,00051,000
  Total309,723,00094,536,000
 合計(フランス語圏アフリカ諸国)3億9百72万3千人9千4百536千人
 (出典)wikipedia.fr(2016年データ)より筆者作成(加筆)  

まとめ

ここでは、アフリカのフランコフォニー(フランス語圏)についてランキング形式でまとめました。

アフリカで最もフランス語人口が多い国は:DRコンゴ(コンゴ民主共和国)

アフリカ全体ではナイジェリアの存在感が際立っている感もありますが、アフリック(フランス語圏アフリカ)ではDRコンゴがかなりの大国だという印象ですね。

「DRコンゴ」で検索(Google検索結果へリンク) するとさまざまなホットイシューに奮闘している日本人関係者の活躍なども拝見できます。

関心をもたれたらぜひチェックなさってみてください。

当方でも機会があればまたご紹介したいと思います。ではまた(@^^)/~~~



(参考文献等)出典は概ねフランス語版ウィキペディア(Afrique francophone)の記事などを参考にまとめました。フランス語学習者の方など、より詳しく知りたい方はそちらもご参照ください。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました