ワードアート WordArt おしゃれワードクラウド作成

ブログ ブログ
ブログ

word-cloud-wordart-howto-notes
2017-07-06

ワードクラウドのオンライン作成webツール『ワードアート(WordArt.com)』の使い方をご紹介します。

ブログのアイキャッチを作るときに画像を探すのが面倒なことはないでしょうか?

ひしょさん
ひしょさん

とくに語学系ブログなどでは単語にまつわる記事などで適当なイメージ画像がみつからず、てまどってしまうこともありますよね。

そんなときはワードアートのwebツールを使うのもおすすめ。

ここでは初心者の方でも使いやすいツールのひとつ(WordArt.com)について使い方をメモしておきたいと思います。

スポンサーリンク

ワードクラウド オンライン

ブログ

ワードクラウド(word cloud)とは、文字で作ったイラスト画像のこと。
ワードクラウドアート(word cloud art)とも。

ワードクラウド オンラインとはワードクラウドをブラウザなどで作成するwebツールなど。

例えば上の画像のように、記事の文字や好きな文字でおしゃれなアイキャッチなどが作成できるサービスのこと。

ちなみに、ワードアートといえばもともとWordやExcelの機能が有名かもしれません。ワードクラウドアートとはいわばそうしたワードアートの機能をwebのクラウド機能をつかってオンラインで利用できるサービスです。

ワードアート WordArt とは

ここで紹介するワードアートWordArt(WordArt.com)はワードクラウドのオンラインwebツールのひとつ。

(参考)WordArt公式サイト『WordArt.comは驚くほどユニークなワードクラウドアートを簡単に作成できるオンライン・ワードクラウドアート・クリエーター』

WordArt.com is an online word cloud art creator that enables you to create amazing and unique word cloud art with ease.

WordArt.com
Word Cloud Art Creator
WordArt.com is an online word cloud art creator that enables you to create amazing and unique word cloud art with ease

個人的な感想ですが、無料ツールながら任意の文字も選択可能で自由度も高く、私のような初心者でも手軽にさくっとワードクラウドが作れたのでおすすめです。

ワードアートの使い方

WordArt 手順
  • 手順1 CREATE NOW
  • 手順2 Import
  • 手順3 Import Word Form
  • 手順4 Visualize
  • 手順5 SHARE / DOWNLOAD
  • 手順6 完成

さて、使い方です。

海外サービスで英語メニューですが使い方はわりと簡単かと思います。

上の画像は私が初めて試したときのものですが5~10分程度で作れました。

なれてくれば、1~3分程度でもできるかと思います。

以下、画像付きで手順をおさらいしておきます。

手順1 CREATE NOW

「CREATE NOW」(さあ、つくりましょう)をクリック

手順2 Import

画面左上の「Import」(インポート:挿入)をクリック

(※ここちょっとつまづきました。左上からご覧になれば迷わない。ただ、私はつい右側の画面に目をとられ、なかなか発見できませんでした苦笑)

手順3 Import words from

「Import words from」画面でワード(文字)を入力

右側に「Import words from」(ここから文字をインポートする)という画面がポップアップで開くので、そこに好みの文字を入れます。

方法は、「Text」、「Web」から選択。

※文字入力時の設定などは巻末に掲載した参考記事を御参照ください。

手順4 Visualize

文字入力などが終わったら「Visualize」をクリック。

いっぱつでワードクラウドアートが作成されます。

楽しい!

手順5 SHARE / DOWNLOAD

「Visualize」のあとは「SHARE」か「DOWNLOAD」をクリック。

※「SHARE」の方法などは参考記事を御参照ください。

手順6 完成

(作成例)

色違いもカンタン。

おしまい。


(参考記事)以下の記事などを参考とさせて頂きました。
(※なお、文字入力時の設定や「SHARE」の方法などは、参考記事に詳しく記載されているので、省略させて頂きました。また、参考記事には他のワードクラウドのツールも紹介されていますので、詳しくはそちらをご覧ください。)

ワードクラウドで見た人の記憶に残りやすいコンテンツ作りをしよう!無料作成ツール5選
情報過多の現代において、文章で相手になにかを伝えるだけではなく「視覚的に伝える」ことも重要なことです。 自分に置き換えて見た時に、多くの情報を目にする中で記憶に残りやすいのは「自分自身や身近な人、社会にとってインパクトのある情報・ほかの人に共有したくなる情報・視覚に強烈な印象を残した情報」などがポイントとなっているの...

まとめ

ここでは、ワードクラウドアートのオンラインツール『ワードアート(WordArt.com)』の使い方をご紹介いたしました。

使い方では、自分が初心者の頃にWordArtでつまづいた点などもふれましたが、なれてくると使いかってがよく、しかも無料なので、お気に入りのwebツールです。

(個人の感想まとめ)
・わりとすぐ出来てけっこう楽しい!
・無料ツールなのでブログ初心者の方にもおすすめ
・語学ブログのアイキャッチ作成などに便利

以上、ご参考になれば幸いです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました