冬におすすめ!沖縄シークワサーで作る甘くないホットレモネード

ジャポン
ジャポン

冬におすすめ ホットシークヮーサー!?
ノンシュガーの甘くないホットレモネードをご紹介します。

作り方は簡単。わずか1秒?
忙しいあなたにおすすめのお手軽ビタミンドリンクで冬でもほっこり。

スポンサーリンク

冬にシークヮーサー? 甘くないホットレモネード おすすめ

沖縄県産のシークヮーサー果汁100%の『沖縄シークヮーサー』は沖縄県国頭郡本部町の農業生産法人もとぶウェルネスフード株式会社が製造している沖縄県民のみなさんが長年愛飲している地元では有名なオキハムの果汁エキス。

うちなんちゅーの方にシークヮーサーエキスと聞けば「アイ!あのすっぱいやつ」と教えてもらえるはず。

ただどちらかというと沖縄県民のイメージも料理に使ったり、冷たい水で割ったり、そして何よりシマ(泡盛)だね~という印象が強いと思います。

沖縄県産果汁100%の『本場沖縄シークヮーサー100』

実は先日、沖縄旅行中の親から大量にシークヮーサー果汁が届きまして。

(親爺箱買い笑。)

ひさしぶりの沖縄旅行によろこんだ親がタンカンといっしょに箱でおくってきました。

もちろん冬にうれしいビタミン供給源。はじめは普通に水で割ったりして飲んでたんですが。

今朝は少し肌寒かったのでコーヒーでも飲もうかな~と思った時。

ふと思いつきなにげにその辺にあったシークヮーサー果汁を電気ポットのお湯でジャーっと割ってみました。

すると!

甘くないホット・シークヮーサー・レモネードのコツ

う、うまい。シークヮーサーHOTレモネード。なんでこんなにうまいんだろ。お湯で割っただけなのに。

と気づいたのがごく単純なコツ。

そういえばこの果汁は甘くないんだっけ。

もちろんノンシュガー。

砂糖はもちろん添加物すら一切なし。
まじりっけなしのシークヮーサージュース(ストレート)。

原材料名には「シークヮーサー(沖縄県産)」としか書いてありません。

これ、ダイエットが気になる女性の方はもちろん、たまに自販機などで缶コーヒーに飽きたときホットレモネードをチョイスするけど、やっぱり甘さが気になってそんなしょっちゅうは飲まんなという世の男性陣にもむっちゃおすすめ。

(私はといえばどちらもいけるクチなんですが。)

普通の人でもさすがに甘いレモネードをがぶ飲みする気にはなれませんよね。

というわけでコツはこういう甘くない果汁を使うことかと思いました。

ホット・シークヮーサー・レモネード 作り方

作り方はカンタン!1秒。お湯を注ぐだけ。

すいません。ほぼ書くまでもないほどなんです。エヘヘ(;´∀`)

しいていえばポイントは水で割るときよりちょい濃いめが個人的におすすめ。

水で割るときのイメージはカルピスとおなじぐらいかそれよりちょっと薄めが私はおすすめなんですが。

ホットレモネードならもうすこしシークヮサー果汁エキスを増やしてもお湯で味がまろやかになるので酸味もきつくない気がします。

もちろんそれぞれ好みがあると思いますのであとはご自分でアレンジなさって下さいね。

まとめ

というわけで筆者のひょんな思いつきで気づいた甘くないホット・シークヮーサー・レモネード。割って飲んだり料理に使ったり普段使いもできる優れもの。予防と健康にビタミン不足が気になる冬にも試してみてはいかがでしょうか。

以上、オキハムの『本場沖縄シークヮーサー100』で作る甘くないホットレモネードのご紹介でした。

(商品名)『本場沖縄シークヮーサー100』(沖縄ハム総合食品株式会社)

ちなみに美肌の効能などもあるそうですね。お時間があれば詳しくは商品説明などもチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました