アフリカの国と地域および広域機関

アフリカ地図 地理 国別アフリカ
アフリカ

アフリカには合計71の国と地域がある。
内訳は、独立国が54ヵ国、独立国以外が17地域。

アフリカの広域機関はおもに16機関。
内訳は、地域機関・イニシアチブが6機関、会議・フォーラム等が10、となっている。

ここではアフリカの国と地域および広域機関について国名や公用語などを概観する。

(備考)アイキャッチ画像はCIA-The World Factbook より作成。

スポンサーリンク

アフリカの地図

アフリカ 地理 マップ

アフリカ 地図 3 地理
source – The World Factbook *Note: This image is compressed and has a poor resolution. Please refer to The World Factbook for the original clear image. 注意:この画像は圧縮しているため解像度が悪くなっています。オリジナルの鮮明な画像はThe World Factbookを参照ください。

アフリカ カントリー マップ

アフリカ 地図 4 国別
source – The World Factbook *Note: This image is compressed and has a poor resolution. Please refer to The World Factbook for the original clear image. 注意:この画像は圧縮しているため解像度が悪くなっています。オリジナルの鮮明な画像はThe World Factbookを参照ください。

アフリカの国(54)

アフリカの概要 2019 AU5R54
(参考)外務省 パンフレット「日本とアフリカ」https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/pub/pamph/japan_africa.html より作成

2019年8月横浜で開催されたTICAD7に際して外務省で作成されたパンフレット「日本とアフリカ」ではアフリカ連合(AU)分類基準による5リージョン54カ国が紹介されている※。

※なおAU(Africa Union)の加盟国は55とされている。これはSahrawi Arab Democratic Republic Sahrawi Republic(仮称:サハラ・アラブ民主共和国)通称「西サハラ(Western Sahara)」地域を含めた数。国連未加盟でアメリカ合衆国やドイツなどの欧州連合諸国、ロシア、日本などとは国交が少ない。

日本と外交関係があるアフリカの国(54カ国)

  1. アルジェリア
  2. アンゴラ
  3. ウガンダ
  4. エジプト
  5. エスワティニ
  6. エチオピア
  7. エリトリア
  8. ガーナ
  9. カーボベルデ
  10. ガボン
  11. カメルーン
  12. ガンビア
  13. ギニア
  14. ギニアビサウ
  15. ケニア
  16. コートジボワール
  17. コモロ
  18. コンゴ共和国
  19. コンゴ民主共和国
  20. サントメ・プリンシペ
  21. ザンビア
  22. シエラレオネ
  23. ジブチ
  24. ジンバブエ
  25. スーダン
  26. セーシェル
  27. 赤道ギニア
  28. セネガル
  29. ソマリア
  30. タンザニア
  31. チャド
  32. 中央アフリカ
  33. チュニジア
  34. トーゴ
  35. ナイジェリア
  36. ナミビア
  37. ニジェール
  38. ブルキナファソ
  39. ブルンジ
  40. ベナン
  41. ボツワナ
  42. マダガスカル
  43. マラウイ
  44. マリ
  45. 南アフリカ
  46. 南スーダン
  47. モザンビーク
  48. モーリシャス
  49. モーリタニア
  50. モロッコ
  51. リビア
  52. リベリア
  53. ルワンダ
  54. レソト

(出典)外務省 国・地域 地域別インデックス(アフリカ)https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/africa.htm

北部アフリカを除くサハラ以南のアフリカは「サブサハラ・アフリカ」と呼ばれている。

(参考)外務省 パンフレット「日本とアフリカ」https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/pub/pamph/japan_africa.html

以下、各リージョンごとに国名や公用語などを概観する。

(凡例)
各AU地理的リージョン(国数)
国名(首都)公用語

北アフリカ(6)

  1. アルジェリア (アルジェ)アラビア語
  2. エジプト (カイロ)アラビア語
  3. チュニジア (チュニス) アラビア語
  4. モーリタニア (ヌアクショット)アラビア語
  5. モロッコ (ラバト) アラビア語、ベルベル語
  6. リビア (トリポリ) アラビア語

西アフリカ(15)

  1. ガーナ (アクラ) 英語
  2. カーボベルデ (プライア) ポルトガル語
  3. ガンビア (バンジュール) 英語
  4. ギニア (コナクリ) フランス語
  5. ギニアビサウ (ビサウ) ポルトガル語
  6. コートジボワール (ヤムスクロ) フランス語
  7. シエラレオネ (フリータウン) 英語
  8. セネガル (ダカール) フランス語
  9. トーゴ (ロメ) フランス語
  10. ナイジェリア (アブジャ) 英語
  11. ニジェール (ニアメ) フランス語
  12. ブルキナファソ (ワガドゥグー) フランス語
  13. ベナン (ポルトノボ) フランス語
  14. マリ (バマコ) フランス語
  15. リベリア (モンロビア) 英語

中部アフリカ(9)

  1. ガボン (リーブルヴィル) フランス語
  2. カメルーン (ヤウンデ) フランス語、英語
  3. コンゴ共和国 (ブラザヴィル) フランス語
  4. コンゴ民主共和国 (キンシャサ) フランス語
  5. サントメ・プリンシペ (サントメ) ポルトガル語
  6. 赤道ギニア (マラボ) スペイン語、フランス語、ポルトガル語
  7. チャド (ンジャメナ) フランス語、アラビア語
  8. 中央アフリカ (バンギ) フランス語、サンゴ語
  9. ブルンジ (ブジュンブラ)、(ギテガ) ルンディ語、フランス語

東アフリカ(14)

  1. ウガンダ (カンパラ) 英語、スワヒリ語
  2. エチオピア (アディスアベバ)アムハラ語
  3. エリトリア (アスマラ) ティグリニャ語、アラビア語、英語
  4. ケニア (ナイロビ) 英語、スワヒリ語
  5. コモロ(モロニ)フランス語、アラビア語、コモロ語
  6. ジブチ (ジブチ市) フランス語、アラビア語
  7. スーダン(ハルツーム)アラビア語、英語
  8. セーシェル (ヴィクトリア)フランス語、英語、セーシェル・クレオール語
  9. ソマリア (モガディシュ)ソマリ語、アラビア語
  10. タンザニア (ドドマ) 英語、スワヒリ語
  11. マダガスカル (アンタナナリボ) フランス語、マダガスカル語
  12. 南スーダン (ジュバ) 英語
  13. モーリシャス (ポートルイス) 英語、フランス語、モーリシャス・クレオール語
  14. ルワンダ (キガリ) ルワンダ語、フランス語、英語

南部アフリカ(10)

  1. アンゴラ (ルアンダ) ポルトガル語
  2. ザンビア (ルサカ) 英語
  3. ジンバブエ (ハラレ) 英語
  4. エスワティニ(ムババーネ) 英語、スワジ語 ※2018年以前スワジランド
  5. ナミビア (ウィントフック) 英語、アフリカーンス語
  6. ボツワナ (ハボローネ) 英語、ツワナ語
  7. マラウイ (リロングウェ) 英語、チェワ語
  8. 南アフリカ共和国 (プレトリア)、(ケープタウン)、(ブルームフォンテーン) 英語、アフリカーンス語他
  9. モザンビーク (マプト) ポルトガル語
  10. レソト (マセル) 英語、ソト語

(注)括弧内は首都、言語名は公用語および共通語

アフリカの独立国以外のエリア(17)

アフリカの独立国以外については諸説ある。

例えば、国連統計部(UN Statistics Division)のStandard country or area codes for statistical use (M49)では独立国以外の旧宗主国海外領土などをエリア(areas)と呼んでいる。

“Countries or areas / geographical regions”

https://unstats.un.org/unsd/methodology/m49/

こうしたエリアに旧宗主国海外県などをあわせると計17となっている。

イギリス領(2)

  1. セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャ(セントヘレナ、アセンション島、トリスタンダクーニャ) , Saint Helena
  2. イギリス領インド洋地域 (チャゴス諸島、ディエゴガルシア島)British Indian Ocean Territory

フランス領(3)

  1. マヨット Mayotte (海外領土)
  2. レユニオン Réunion (海外県)(グロリオソ島 Glorioso Is.、トロメリン島 Tromelin Is.、ファン・デ・ノヴァ島 Juan de Nova Is.などを含む)
  3. フランス領インド洋無人島群※

※フランス領インド洋無人島群(フランス語 Îles Éparses de l’océan Indien)は、インド洋南西部のマダガスカル島周辺部に散在する、定住者のいないフランス領の島々。2005年にフランスの海外領地の一つであるフランス領南方・南極地域(Terres australes et antarctiques françaises, TAAF)の管轄となった。

スペイン領(4)

  1. カナリア諸島 Islas Canarias (自治州)*
  2. セウタ (飛地)*
  3. メリリャ (飛地)*
  4. プラサス・デ・ソベラニア(チャファリナス諸島、ペニョン・デ・アルセマス、ペニョン・デ・ベレス・デ・ラ・ゴメラ)*

*スペインの自治州などは上記M49リストには記載なし。

ポルトガル領(5)

  1. マデイラ諸島 マデイラ諸島 – 本国領土の一部である離島*
  2. モーリシャス領*
  3. ロドリゲス島*
  4. カルガドス・カラホス諸島*
  5. アガレガ諸島*

*ポルトガル領土の諸島などは上記M49リストには記載なし。

その他(3)

  1. ソマリランド(ハルゲイサ) ソマリ語、アラビア語、英語
  2. 西サハラ(アイウン) アラビア語、スペイン語、フランス語
  3. 南カメルーン(バメンダ) 英語

現在はない国など

  1. ビアフラ共和国
  2. オレンジ自由国
  3. トランスヴァール共和国
  4. ナタール共和国

アフリカの広域機関(16)

アフリカのおもな広域機関は約16機関。

地域機関・イニシアティブ(6)

  1. 日・アフリカ地域経済共同体(RECs)議長国首脳会合
  2. アフリカ連合(AU)
  3. アフリカン・レヴュー・メカニズム(APRM)
  4. 国連アフリカ経済委員会(ECA)
  5. 西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)
  6. 南部アフリカ開発共同体(SADC)

会議・フォーラム等(10)

  1. アフリカ開発会議(TICAD)
  2. アフリカ貿易・投資促進ミッション及びシンポジウム
  3. 日アフリカ官民経済フォーラム
  4. G8サミット(アフリカ関連)
  5. アフリカ・パートナーシップ・フォーラム(APF)
  6. 拡大中東・北アフリカ(BMENA)構想「未来のためのフォーラム」
  7. アフリカに関する日中韓政策協議
  8. アフリカ大使会議
  9. アジア・アフリカ会議(バンドン会議)
  10. ポルトガル語圏諸国共同体(CPLP)

(参考)外務省ホームページ、The World Factbook(CIA)、UNSD、ウィキペディア等

(アフリカへのイメージ1 Image pour l’Afrique 1°)

タイトルとURLをコピーしました